不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


免疫の働きを持つ白血球が、活性酸素を兵器として利用


【勇飛健康講座】活性酸素と健康について

 

敵機発見!!ミサイル発射!!
自警団細胞の持つ「武器」とは?


外敵の侵入を察知し、全力で排除にかかる
免疫システム。


その免疫システムにおけるメインの役割を
担っているのが、


「白血球(自警団細胞)」

※自警団細胞と言う名称は勇飛の造語と
なりますので、ご注意を。

 

これら自警団細胞は、


「直接攻撃する者」

「外敵を自らの体内に取り込んで消化するように
攻撃する者」

「自ら突進して自爆するように攻撃する者」


等々、
それはそれはヴァリエーションに富んでいます。

 

では、具体的な攻撃の手段はどのようなものに
なるのでしょうか?

 

まず、通常の動物等で考えてみましょう。


外敵を攻撃する場合、獣類であれば爪や牙を
使い襲い掛かります。


鳥類の場合はクチバシですか。


また、毒素を出して攻撃する者もいますね。


人間や一部霊長類の場合は、「道具」を使う事が
できます。


つまり「武器」ですね。

 

そして白血球も「武器」と呼べるものを使っています。

 

それが、なんと

「活性酸素(デビルリバース)」

なのです!!

 

そう・・・

 

免疫システムは、「デビルリバース(活性酸素)」を
「兵器」として、外敵を攻撃しているのですね!!

 

具体的にはウイルスや細菌などの外敵を
発見した場合、


「活性酸素を振りかける」


形で使用します。


「銃の弾丸」や「ミサイル」をイメージして
いただけると良いかと思います。
(発射するのは自警団細胞)

 

・活性酸素を振りかける。(ミサイルを食らわせる)

・体内にあらかじめ活性酸素を取り込んでおき、
敵を自分の身体の中に包み込み、溶かし殺す。
(部屋に閉じ込めて毒霧噴射して倒すイメージ)

・自ら突進して自爆するように攻撃する。
(ダイナマイトを自身の身体に巻きつけ、
点火して突進→大爆発)

 

・・・イメージいただけましたでしょうか?


「ミサイル」「毒霧噴射」「ダイナマイト」

これら全て「活性酸素」を元に製造されていると
言うわけですね。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 免疫の働きを持つ白血球が、活性酸素を兵器として利用
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ