不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


自律神経失調症は器質的変化のない、原因不明の症状です

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


自律神経失調症と器質的変化


うつ(鬱)病、自律神経失調症、適応障害、
それぞれの診断基準には特に明確な違いはなく、
あくまで診察した医師の診断によるもの、と言う事でした。

 

では、そもそもですが、一体全体何故そう(不明確に)
なってしまうのでしょうか?

 

これにお答えするためには、自律神経失調症について、
さらに詳しくお伝えする必要がありますので、
聞いてください。

 

実を言いますと、自律神経失調症と言うのは、
正式な病名及び診断名ではありません。

 

では何かと言いますと、


「自律神経系の働きが落ちている(機能低下している)
状態、症状」


と定義されるのです。

 

つまり、あくまで「状態、症状」であり、それに対応した
「器質的変化」が見られないので、病名ではないと言う
論法となります。

 

さて、上記で「器質的変化」と言う見慣れない概念が
出て来ましたので、ご説明しましょう。

 

器質的変化とは、下記となります。

 

「組織や細胞が、元の形態にもどらないような変化が起こることをいい、
このようになった病気を、器質的疾患といいます」

―◆医療・医学に関する用語集◆―より引用
http://www42.tok2.com/home/iryo/iryo-ki09.html

 

ちょっとまわりくどくて難しい表現かと思いますので、
具体的な例を。

 

例えば「切り傷」を負ってしまう事ってありますよね。

 

切り傷を負うとどうなるかと言うと、当然血が吹き出して
しまいますが、これは皮膚と血管が傷つけられ、
破壊されたために起こってしまう現象です。


まさしく、「組織や細胞が、元の形態にもどらないような変化」
ですよね。


また、「脳」の場合だと、

「脳内出血、脳梗塞、脳腫瘍、血腫や各種炎症」

となります。


脳の中ですと、通常は外からその変化は確認できませんが、
CTスキャン等を使えばわかりますね。

 

 

うつ(鬱)病や自律神経失調症の器質的変化について


肉体的な損傷や疾患等の場合は、
上記のように器質的変化が見やすいですね。


しかしながら、うつ(鬱)や自律神経失調症につきましては、
先ほどもご説明致しました通り、「器質的変化」が見られないのです。


順にご説明致します。

 

★うつ(鬱)病につきまして

こちらですが、うつ病にかかったからと言って、
どこかの部位が目に見せて損傷したり変形したりするわけでは
ありません。

近年の研究では、鬱状態等ストレスがきっかけで、
脳の一部が萎縮したり等の変化が見られると言う
結果が出ておりますが、
とは言え微細なレベルであり、またどの程度のストレスで
どれくらい萎縮するのか、100%因果関係が
証明されているわけではありません。

また、全てのうつ(鬱)病患者に萎縮が見られるわけではないため、
現状の医学では、実際的には「器質的変化は起こらない」と
判断できます。


★自律神経失調症につきまして

自律神経失調症によって、倦怠感、不眠、頭痛、肩こり等の
各種症状に苛まれてしまいますが、しかしこれらによって、
何らかの器質的変化が引き起こされるわけではありません。


また、逆も言えまして、何らかの器質的変化によって、
上記のような自律神経失調症の症状が引き起こされるわけでも
ありません。


つまり「原因不明」であるにも関わらず、
一連の不具合が起こるのです。

 

自律神経系失調症とは、


「原因不明で自律神経系の働きが落ちている(機能低下している)
状態、症状」


と言う事ができるのです。

 

次回に続きます。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自律神経失調症は器質的変化のない、原因不明の症状です
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ