不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


自殺は気分の落ち込みによって誰にでも起こりうる!

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


自殺を実行してしまう精神状態について


さて、以前の回でご説明致しました、

「自殺は抑うつ状態で起こるのか、
正式なうつ病と診断された状態で起こるのか」

ですが、これまでの説明をもう一度振り返って
いただければお分かりになられるかと思います。


結論から申し上げますと、自殺と言うのは、


「正式なうつ病のみならず、抑うつ状態でも起こり得ます」


抑うつ状態は以前の回で、「人間が落ち込んでいる状態である」
とご説明させていただきました。


この「落ち込み」ですが、実はあなたもご存知のように、
非常に波の上下があります。


つまり抑うつ状態の強さと言うのは日々変わっており
(これはうつ病でもですが)、うつ(鬱)の波が強い日は、
それはそれは極めてネガティブな精神状態にあるわけです。


この状態で何かがきっかけとなり、突発的な衝動にかられ・・・


と言う事は十二分にあり得るわけですね。

 

 

自殺は誰にでも起こりうる!!


さて、と言う事は、ですが、ここで衝撃的な事実が
判明してしまいました。


その事実ですが、ズバリ、


「正式にうつ(鬱)病と診断されていなくても、
気分の落ち込みだけで、十分に自殺を実行して
しまう動機となってしまう」


と言う事なのです。


そして「気分の落ち込み(抑うつ状態)」について考えて
いただきたいのですが、これはあなたでも、
隣の◯◯さんでも、職場の◯◯さんでも、
はたまた日本国総理大臣であっても、
人間である限り、誰にでも絶対に起こる事なのです。


抑うつ(鬱)状態、つまり気分の落ち込みは
誰にでも起こる事として、本人や周りが軽視した結果、
自ら命を断ってしまう、
と言う最悪の事態が発生してしまうのです。

 

 

サイン(兆候)を見逃さない


想像以上に重大な影響を及ぼしてしまう
「気分の落ち込み」ですが、重要になってくるのが、

「自殺の兆候の発見」

です。


兆候とは、物事が起こる前触れ、や「兆し」「前兆」
の事であり、これを的確に発見できさえすれば、
自殺を防げる確率が格段に上がります。

 

では自殺の兆候は具体的に何なのか、
どうやって見つけるのか、
につきましては、次回レクチャー致します。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自殺は気分の落ち込みによって誰にでも起こりうる!
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ