不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


うつ(鬱)が元となって、希死念慮が発生してしまいます

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


自殺の原因の真の黒幕はうつ(鬱)です

米国精神医学会が策定したうつ(鬱)の診断基準の
一つに、

「繰り返し死を考えてしまう」

と言う項目があります。


そしてWHO(世界保健機関)が精神疾患と自殺との関係について
調査した結果、精神疾患が原因で自殺した人のうち

「約3割がうつ病に該当したという」

結果が報告されています。


前回の講座でもご説明致しました通り、
やはり、

「精神的理由、心の問題」

が根強く絡んでいる、と言う話しですね。


ぶっちゃけた話し、うつ(鬱)病の症状の一つに
「希死念慮」がある、と言っても過言ではありません。

※希死念慮=死を激しく望んでしまう気持ち

 

 

うつ(鬱)の方が発するサインを見逃さない


自殺につながるうつ(鬱)ですが、当事者は様々なサインを
発しています。


具体的には下記のような段階に分かれます。


★軽度

「朝起きたら全部なくなってたらいいのに」
「ふと消えてしまいたくなる」
「突然の事故で死んでしまったら、全てリセットできるんだろうな・・・」

⇒日常生活の合間にふと、以上のような言葉をつぶやいてしまう、
あるいは頭によぎってしまう。
何気なく呟いたものであったとしても、後に悪化する可能性があり、
放置しておくのは危険です。
もしも親しい人が呟いているのを気づいたら、
注意して話を聞いてあげてください。


★中度

「完全自殺マニュアル(書籍)を購入してみた」
「このマンション、3階からだと死ねないけど、
5階からだといけそうだな」
「◯号線は交通量が多い。ちょっと飛び出しただけで、
簡単に車にぶつかる・・・」
「(ホームセンターにて)このロープ、頑丈そうだな・・・
これを手すりにくくりつけ、そして・・・」

⇒軽度の時はあくまで「頭によぎるだけ」だったのが、
具体的な手段を思い浮かべるまでに至ってしまう状態。

ここまで来ると重症なので、医療機関等に相談した方が良い。
周りの人が気づいた場合、本人が受診を拒んでも、
医者やケースワーカーさん等に、相談だけ入れておいた方が
いいと思います。


★重度

上記、軽度、中度の段階を経て、重度となった場合、
当然ながら「実行」に移します。

ただし、本当に命を失うレベルの行為を実行するわけではなく、
いわゆる「自殺未遂」と呼ばれる行為です。

死なないレベルギリギリで実行するわけですが、
とは言え、目論見が外れ、命を失ってしまうケースがあります。

場合によっては措置入院等が必要なレベルとなります。


また、もう一つ怖い症状として、

「から元気や平静を装う」

と言う症状があります。

「まさかあの人が自殺するとは思わなかった。
そんな素振りは一切なかった」

これは大変多い、よくある話しです。

何故こうなってしまうのか、理由は様々だと思いますが、
「真の絶望」を感じてしまっており、もうこの世に未練がなくなって
いるから、と言う可能性が濃厚です。


また、もうハッキリと死を決意して、後は実行に移すだけと
なってしまっており、実行を他人に邪魔されないために、
平静を装ってる、と言う面もあるかと思います。


こうなってしまうと、ほんとにもう「ある日突然」は避けられなく
なってきますので、その前になんとか食い止めたいところです。

 


※自殺を考える時は、当然精神的に不安定になってしまって
おります。
そんな時は、「深い呼吸」を実施する事によって、
精神を安定させると「突発的な行動」を避ける事ができます。


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - うつ(鬱)が元となって、希死念慮が発生してしまいます
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ