不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


お釈迦様の呼吸法等のリズム運動を継続し、セロトニン分泌体質になろう!

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


リズム運動は継続的に!


それではもう一点の重要なポイントを
レクチャーします。


リズム運動は、「毎日時間を割いて継続的」に
行っていきましょう。


前回ご説明した通り、2~30分をオーバーすると、
分泌効果が大幅に落ちるので、例えば一日で8時間くらい運動して、
一週間分のセロトニンを分泌させる、みたいな
芸当はできないのですね。

※筋力トレーニングと同じで、仮に腕立て伏せを一日だけ
1,000回やったところで、いきなり筋肉はつきませんよね?
(ただ単に疲労するだけです)


ですので毎日2~30分間、コツコツと継続して
いただきたいのです。

 

またこの継続していくに関してはもう1つ、

「セロトニンを分泌しやすい体質」

に変化すると言うメリットがあります。


毎日毎日、セロトニンを多めに分泌させるための、
分泌しやすくなる「クセ」のようなものがつくそうで。

 

ちなみに高いレベルに到達しているお坊さん達は、
日々の修行の結果、セロトニンが分泌されやすい態勢に
なっているそうですね。


怒りをはじめとした「感情のざわつき」を、
瞬時に収めるような芸当ができるのも、
それが原因なのかもしれません。


※なお、寺に入りたての坊主見習いの頃には、
掃除やその他雑務をしこたまやることになりますが、
それらは全て「リズム運動」です。
修行のプログラムメニューして、必要不可欠なのでしょうね。


お釈迦様は「呼吸法(腹式呼吸を実施する際の技法)」を
重視されましたが、セロトニンのこと・存在を
看破されたのだと思います。

 

 

できる事から手をつけていく


以上、セロトニンを多く分泌させるためのコツを
複数レクチャーさせていただきました。


「心の持ち方・考え方」と「リズム運動」が、
うつ(鬱)やストレスを改善するための大きな
ポイントとなりますが、しかしながら、


「これをやれば絶対に100%改善できる!!」


と言う方法は、残念ながらございません。


当然人間は一人一人「個性」というものを備えており、
また、置かれている環境も千差万別、
個々人によってまったく異なります。


従って、万人に当てはまる絶対的改善方法は
存在し得ず、結局のところ1つ1つ地道に各実践方法を
試していくしかありません。


しかしながら、いわゆる「根詰める」ような、
鬼気迫るニュアンスで追い詰められたように
(実際に追い詰められているでしょうが)実践すると、
残念ながら失敗してしまう確率が高くなってしまいます。


しっかりと実践はするが、あまり根詰めずに、
気楽に試してみると、案外とうまくいったりするのです。

 

 

実は最強に近い方法がある・・・?


しかしながら、
これまでレクチャーした手法の中で、
100%絶対とまでは言わないとしても、


「正しい方法で地道に実践しさえすれば、
かなりの改善効果を見込める方法」


が1つだけ存在します。


しかもまったく難しい話しではなく、
老若男女、誰にでも簡単に実践可能です。

 

次回、お楽しみに!!




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - お釈迦様の呼吸法等のリズム運動を継続し、セロトニン分泌体質になろう!
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ