不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


オキシトシンを分泌させるには、「触れる(タッチング)」ことが一番で、血圧やストレスが緩和されます


こんにちは。

勇飛です。


一つご質問なのですが、あなたは幼少時に「痛いの痛いの飛んでけ~!」の
おまじないを
されたことはおありですか?

※痛いの痛いの飛んでけ~!のおまじない=
打ち身等の患部をさすってもらう行為。@


おそらくご両親あたりにしてもらったことがあるかと思います。


そしてある程度成長すれば、ご両親にやってもらうのではなく、
自分でやりますよね。


たとえばお腹が痛くなった時にお腹をさすったり等々。


で、この「さする(触れる)」という行為ですが、
一見ただの迷信や気休め程度の行為に見えるのですが、
どうでしょうか?


「あれ?」って感じで本当に痛みが和らいだりと、
意外と効果があったりすることが多いですよね。

 

実はこれ、迷信の類ではありません。


理由は下記二つあります。


①神経信号に影響を与える。
②神経伝達物質の分泌


まず①ですが、痛みというのは当然ながら、「神経信号」な
わけです。

つまり、「痛みの信号」が発せられるのですが、
さすると、その信号を緩和することができるそうです。


次に②ですが、触れることそのもの自体が、
神経伝達物質を分泌させます。


これが先日最終回にてレクチャーしました、

「オキシトシン」

という神経伝達物質です。


オキシトシンの詳細についての説明はもう
しましたので省きますが、

「心の安定や安らぎに関する働き」

を持っているため、それが痛みにも
作用するわけです。


肉体的な痛みのみならず、血圧を下げたり、
精神的ストレスも緩和したりと、
いいことづくめです。


そしておもしろいのが、オキシトシンは、

・触れる
・触れられる

両方で発動すると言う部分です。


今までご説明してきた、怪我の時に患部をさする行為は、
「触れられる」に
カテゴライズされますが、
逆に、たとえば「愛犬を触る」等の行為でも、
ものすごく分泌されるそうです。


ですので、お互いに触り合う愛情のこもったスキンシップは、
「最強」と言えるのです。

 

 

タッチングヘルス実践法を使えば、一人二役のスキンシップが可能です!!


さて、この「最強のスキンシップ」ですが、
実行できるのは、既婚者や恋人がいる人限定と
なってしまいますよね(苦笑)

 

しかしご安心あれ!!

 

特別特典、「タッチングヘルス実践法」を実践すれば、
「最強のスキンシップ」の実行が、自分一人だけで
可能となります。


・触れる
・触れられる


をしっかりと自分だけ実行することができ、
高い効果を得ることができます。

※触り方や触る速度、触る部位の順番等、
レポート内で詳細にレクチャーしております。


特に「うつ(鬱)」を吹っ飛ばし、気分爽快になりたいので
あれば、効果テキメンです。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - オキシトシンを分泌させるには、「触れる(タッチング)」ことが一番で、血圧やストレスが緩和されます
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ