しかし感情が心底揺さぶられるようなシチュエーションは、滅多に起こらないのです!

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


そうそう簡単に感情が心底揺さぶられるシチュエーションは発生しない!


前回の「感情の揺さぶり」についてですが、
いかがでしたか?

Aさんの例に関してはかなり極端だったと思いますが、
あなたにも大なり小なりご経験がおありでは
ないでしょうか。


と言うより、社会で働く事そのものが、そういう事の
連続なのではないかなと。


よっぽど温すぎる環境にいない限り、ヒーヒー言いながら
じゃないとこなせないようなレベルの仕事が
降りかかってくるはずです。
(特に新人時代)


はじめはその状況に、
「ストレス」を感じまくるかもしれませんが、
ヒーヒー言いながらも全力で取り組んでいくうちに
慣れてきたり、
あるいは乗り越える事に成功すると、
だんだんとその状況に対してストレスを
感じなくなってくるはずです。

 

で、そろそろまとめに入りますが、

★【2】何か大きな「きっかけ」によって自らを変える

の件についてですが、これをわかりやすく言いかえると、

「大きな精神的ショック(感情の揺さぶり)を受ける状況から
学んで自らを変える」

となります。


・・・しかし一見万能と思われるこの方法にも
致命的な欠点がございます。


それは、


「感情が心底揺さぶられるシチュエーションって
そうそう起こらない」


と言う欠点です。


勇飛も含め、人ってなかなか変わりませんし
変われません。


ダイエットの件だと、例えば太りすぎて病気になったり、
大好きな人にフラれてしまったり、よっぽどの事が
ないと本腰を入れられませんよね?


仕事の件でもそうです。


仕事って基本ある程度慣れてくると、手を抜いたり、
いわゆる「やっつけ」で遂行できたりします。


サラリーマン金太郎的な劇的なドラマが次から
次へと身に降りかかりまくる事もまずありません。

 

・・・そういう事なのです。

 

ちなみに、

「結婚して子どもができたら覚悟が芽生えて人格が変わった。
(いつも愚痴りながらストレスMAXで取り組んでいた
仕事に対して、真剣に取り組むようになった)」

という話しも特に男性でよく聞きますが、
そうそう頻繁に何度も何度も子どもが産まれる
わけではなく、やはり特殊なイベント事でしょう。


また、そういう特殊イベント頼みでしか
自身のストレスコントロール問題を解決できないと
なると、それは「運頼み」以外のなにものでもなく、
うつ(鬱)やストレスを積極的に解決していくことは
できません。


もちろん、例えば山で非常に辛く厳しい修行をする等の、
特殊イベントな状況に、自発的に自らを追い込む事は
物理的には可能ですが、どうでしょうか?


まぁやんないですわな普通(苦笑)


でも実際的な話しとして、修行でも戦地での地雷撤去等の
ボランティアでも、極限状況を乗り越える事ができれば、
会社での上司からの嫌がらせなど、「屁」とも感じなく
なるのではないでしょうか。


お勧めな方法ではありますが、しかし実現性は相当
低いかと思います・・・

 

乗り越えられなかった場合のリスク


さて、★【2】の方法、これまでさんざんお勧めしてきましたが、
リスクがないわけではありません。

ないわけではないどころか、「かなり危険な賭け」と
なってしまうケースもございます。


件のAさんの場合、大変な目に遭いながらもその経験を
糧として、乗り越える事ができましたが、
逆に「乗り越えれない」方もいます。


つまり、

「怖いお兄さん達に拉致されて、地獄を見た後、
ショックで廃人のようになってしまった・・・」

といったシナリオも起こりえてしまうということです。


この場合、ストレスが解消されるどころか、
ストレスによって心を壊されてしまったわけです。


「丁と出るか半と出るか」

まさに「博打」なのです。

 

・・・はい、長々とお付き合いいただきましたが、
結局のところ、★【1】の方法も★【2】の方法も、
実行するのはなかなかに難易度が高く、
運の要素も必要、
と言う結論ですね。

 

ではどないしようもないのか?

 

いえいえ、どないしようもないのであれば、
こんなWEB健康講座を開講したりしません。

 

次回、その★【3】の手法をレクチャーしますので、
乞うご期待くださいませ!!




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - しかし感情が心底揺さぶられるようなシチュエーションは、滅多に起こらないのです!
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

感情を揺さぶられると不満感情をふっ飛ばされ、人格が180度変わります

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


怖いお兄さん達から地獄を見せられたAさんは?


それでは思考をコントロールする2つの方法、


★【1】ひたすら繰り返す
★【2】何か大きな「きっかけ」によって自らを変える


のうち、★【2】をレクチャーします。


「思考よりも感情の方が強い」


と言う事実は、前回ご説明した通りです。


で、この★【2】なのですが、実は★【1】と
逆の発想となります。

 

勇飛が知人に聞いた、ものすごくおもしろい話しを
例にご説明しますので、聞いてください。


その知人の友人に、Aさんと言う方がいます。

このAさん、乱暴な性格な上不満が溜まりやすい方で、
職場の上司と常に衝突しまくり、常にクビ寸前だった
そうです。


そんなある日、Aさんが道を歩いていたところ、
路肩に迷惑な感じで駐車している車に遭遇しました。

虫の居所が極めて悪かったAさんは、
思わず怒りに任せてその車のドアの部分を
蹴りまくってしまいました。


もちろんドアはベコンベコン・・・

※当然ながらこれは器物破損に類する犯罪行為です。


すると、車の持ち主らしき人がちょうど帰って
きたらしいのですが複数人おり、しかも全員「強面の
お兄さん達」だったそうです。


青ざめるAさん。


次の瞬間、怒号が飛び交い、わけもわからぬまま
拉致され、その後、大変な目に遭ったそうです・・・


どう大変な目に遭ったのか、このあたりの詳しい話しは
聞けませんでしたが、興味深いのがなんと、
その事件後、Aさんの人格が180度丸っきり
変わったそうなのです。


これまであんなに上司に反発し噛み付いていたのに、
一転、ものすごく敬うようになり、上司だけでなく
他の従業員の皆さんにも丁寧に接するように
なったとの事。


そしてその後、順調に社会人として生活を送り、
ご結婚されて幸せな家庭を築かれたそうです。

 

・・・さて、では何故ゆえAさんは人格が
いい方向に180度変わってしまったのか?

 

理由は明白で、


「感情をこの上なく揺さぶられたから」


なんですね。


これを裏付ける証拠として、知人がAさんに、
なんでそんなに人格変わったのかを聞いたところ、


「あの体験(拉致)をした後、今まで不満や怒りに
思っていた事なんてなんでもなくなり、
あれだけ嫌っていた上司の事も、むしろ
なんていい人なんだ!と自然に思えるようになった」


と。

 

 

感情の揺さぶりは不満感情をふっ飛ばす!


では何故感情をこの上なく揺さぶられると、
このように人格が変わったりするのか?


感情を揺さぶられると一言で言っても、
感情には色んな種類がありますので、
今回のポイントである、
「人間関係における不満感情」ケースで
レクチャーします。


他人に対する不満感情と言うのはおもしろいもので、
それこそ人によってかなり異なってきますよね。


例えば、上司から注意・指導を受けた際、その指導を

「自分の至らない点をご指摘いただいている」

と、ありがたく受け取る人もいれば、
ちょっときつめに言われただけで、
自分が悪いかどうかは関係なく、
烈火の如く反発する人もいます。

※Aさんがまさしく後者ですね。


で、何故烈火の如く怒るかと言うと、
感情がそのように反応してしまうからなのですね。


我々は日々、様々な「刺激」にさらされながら
生活していっておりますが、上司から注意・指導を受ける、
と言うのは、刺激の中でも、

「精神的な刺激」

となります。


その刺激に対して「ムカつく!嫌だ!」と言う思考が流れ、
不満感情として反応します。


人間含む生物は、「快感を求め、不快感を避ける」と言う
判断基準で動いていると言う事は、
以前の講座でレクチャーした通りですが、

どの程度の「刺激」で「快感」となるか「不快感」となるかは、
実は各個体間によって大きく異なってくるのです。

※「個体」と言う表現は生物学的表現でして、
人間で言うところの「個人」と同じ意味です。


つまり、この上司と部下の関係でみると、
上司がどういう刺激を部下に与えたら、
部下が不快感を感じるのかは、
個人個人によってかなり異なってきます。


Aさんが上司に対してすぐに楯突いていたと言う事は、
結果として、上司から受ける刺激に対して激しく反応して
いた、と言う事です。


しかしながら、例の死にそうな目に遭った事件の
おかげで、反応が180度変わってしまったと。

 

はい、ここからがポイントですので要注目!!

 

何故180度変わったと言うと、上司から与えられる
「自分がネガティブと感じる刺激」よりも
さらに何百、ヘタしたら何千、何万倍もの刺激を
強制的に味あわされたから、
なのですね。


つまり、いつも上司から受ける感情の揺さぶりが、
仮に10だったとして、怖いお兄さん達から
味合わされた揺さぶりが10,000だったとすると、
今までストレスに感じていた10の刺激って
何だったの?と思ってしまいますよね。


そして10の刺激しか与えて来ない上司に対して、
「10しか与えて来ないなんてなんていい人なんだ」
と感じても不思議ではありません。


いや、10,000の刺激を受けた後に、
10の刺激を与えられても、あまりに値が小さすぎて、
刺激にも感じられない、と言うのが実際のところでは
ないでしょうか。

 

・・・これは驚くべき事に思考が完全に変化して
しまっていますね。


★【1】ひたすら繰り返す

に関しては、思考を変えて感情反応を変えると
言うアプローチでしたが、
このケースに関しては、
冒頭にてお伝え致しました通り、強烈な感情反応が
起こった結果、思考が変化してしまったと言う、
★【1】とは全く逆のアプローチとなります。

 

・・・長くなりましたが、以上が「感情の揺さぶり」
について解説となります。

 

そしてまだ話しは続きますので、次回お楽しみに!

 

 


※もしも万が一あなたが10,000の刺激を
味あわされるようなハメに陥ってしまった時(爆)、
下記方法を実行してみてください。
緊張や恐怖は自律神経がものすごく関係しているので、
しっかりと実践すれば、なんとか乗り切れる・・・
やもしれません。


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 感情を揺さぶられると不満感情をふっ飛ばされ、人格が180度変わります
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

思考よりも感情の方が強いおかげで、ケーキを食べてしまうのです・・・

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


ついついケーキを食べてしまう理由は、「感情」の方が強いからなのです!


では思考をコントロールするのが何故ここまで
難しいのかと言うと、それはシンプルに、


「思考よりも感情が強いから」


です。


思考と感情に関して詳しく語りだすと
「潜在意識が云々・・・」
と言う領域までいってしまうので、
これもまた別の講座に譲りますが、
下記例をイメージしていただければ
一目瞭然です。


★ダイエット中なのでケーキ食べないと
決めていたけど、今日も行きつけのケーキ屋さんで
ケーキ買ってしまった・・・


はい、ものすごくシンプルですがこういう事です。


これが逆に、もしも思考の方が感情より強ければ、


★ダイエット中なのでケーキ食べない。


これで「以上、終了」となるわけですが、
そうは問屋が卸してくれないわけです。

 

ダイエット以外でも、


★上司の指示がハチャメチャでストレスが
溜まるので、気にしないようにしようとしても
やっぱりどうしても気になる


と言うのもそうですね。


★上司の指示がハチャメチャだけど、
まったく気にしないようする


と思考しようとしても、土台無理な話しなわけです。

 

つまり、何かを思考したとしても、結局、


「感情の奔流でその思考は吹き飛ばされる」


と言うイメージですね。

 

もっと厳密に言うと、Aと思考している最中に、
Bと思考しようとしても、Aの思考が元で発生する
感情が強ければ、Bの思考に変える事はできないのです。

例)しんどい、と思考していて実際に身体もしんどい
時に、「楽しい」と思考する事はできない。
仮に無理やりしたとしても、すぐにまた「しんどい思考」に
戻ってしまう。

 

 

思考をコントロールする2つの方法


ではどうやって思考をコントロールし、できるだけポジティブな
ものに書き換えれるか、ですが、基本的には


★【1】ひたすら繰り返す
★【2】何か大きな「きっかけ」によって自らを変える


これしかないでしょう。


まず【1】についてですが、繰り返し行う事を
「反復」と言います。

この反復、ものすごく重要な要素で、仕事でも趣味でも
何回も繰り返す事によってうまくできるようになりますね。
(自転車の練習やピアノの練習等々)


そしてある事を繰り返して行うと、人間の持つ性質である、
「習慣化」が作動し、「定着」します。


一旦習慣化さえしてしまうと、その行為・行動を
何の抵抗もなく、「空気を吸うように」実行する事が
できるようになるわけです。


ちなみに空気を吸う事がうまくできないと言う方は、
特殊な疾患をお持ちの方以外いないかと思いますが、
それは産まれた瞬間からずっと実行し続けているからですね。

 

で、なのですが、「思考」に関しても、この「習慣化」を
適用してやればいいのです。


と言うよりも、勇飛やあなたのみならず、
その他、ぶっちゃけ地球上の全人類一人一人例外なく、
習慣に基いて思考しています。


「金持ちになれる考え方」「貧乏になる考え方」
「人に好かれる考え方」「人に嫌われる考え方」


様々な思考、考え方を無意識にしているのです。


ですので、何らかの「状況」が自分に降りかかってきた際に、
できるだけストレスが発生しないような考え方が
できるよう、繰り返し「練習」するしかありません。


例えばわかりやすい例を出すと、あなたは小さい頃、
親に「歯磨きしなさい」と繰り返し言われ、
面倒くさいなと思いながらも
毎日寝る前と朝起きた時にやるようになったかと
思います。

 

しかし現在はどうでしょうか?

 

おそらく何の抵抗もなく、「習慣として」歯を
磨いているはずです。


もう当たり前すぎて、歯を磨かずに寝たり、
朝起きてから磨かずに家を出る、
と言う行動を取ると、逆に違和感を感じるはずです。
(勇飛はかなり激しいレベルの違和感、つまり不快感を
感じます)

 

・・・思考もこの「歯磨き」のように、ストレスの
発生しない、しにくい考え方を繰り返ししていく
しかありません。


しかしながら、既にご説明させていただきました
通り、感情の強さはものすごいです。


感情を荒れ狂う海とたとえると、思考はさながらその海の
上を漂う小舟のごとき、です。


残念ながら、強い感情になればなるほど、
一筋縄ではいきません。

※ダイエット中にケーキを食べたくなる衝動を
思い浮かべてください。

 


長くなりましたので、

★【2】何か大きな「きっかけ」によって自らを変える

につきましては、次回。

 

 


※実は下記方法ですが、食欲をある程度調整
できる場合があります。
自律神経にアクセスできますので・・・


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 思考よりも感情の方が強いおかげで、ケーキを食べてしまうのです・・・
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

思考が感情を創り出し、不快感は感情が元となって起こる

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


ストレスは不快感が元となって起こる


では感情とストレスは、一体どのような相関関係に
あるのでしょうか?


実はストレスと言うのは、前回ご説明しました
「不快感」と言う「感情」が元になって
引き起こされるのです。


で、不快感と言うのは基本的に、

「身の危険を感じている時」

に起こります。


前回お伝えしたように、空腹や猛獣等の天敵に襲われる、
と言ったシチュエーションは、まさに「身が危険になる」
シチュエーションなわけで、
回避するために神経が張り詰めてしまい、
身体のバランスが崩れてしまうわけです。

※この流れについてはこれまで何度もご説明しているかと
思いますので、割愛します。


ポイントは、この「不快感」と言うのは、
「感情である」と言う点です。


不快感=感情

 

 

感情は思考が元になり、発露(発生する)


さて、この「感情」ですが、一般的な動物の場合、
空腹や天敵に襲われたり等、身の危険を感じた際、
または生殖時等にも強く現れます。


では我々人間(あるいは類人猿等高等生物)は
どうでしょうか。


上記のようなシチュエーション以外でも感情が
発露(はつろ)するケースは多くあります。


いちいちご説明するまでもないかと思いますが、
それはそれはもう、日常生活で感情が湧き上がって
くる事は多いかと思います。


朝出勤のために家から出て、会社に着くまでの
小一時間くらいの間にでも、感情が発露しまくる
はずです。
例)電車が混んでいて嫌だ、足を踏まれて嫌だ、
今日の朝の会議は部長が出席するので憂鬱だ、
等々。


何故ここまで湧き上がりまくるかと言うと、
人間は「大脳」が発達しており、
「思考」する事ができるからですね。


基本的に我々人間の感情は「思考」が元になり
発露しています。

※ただし、夜道歩いていたらいきなり襲われた、
等の場合は、思考をすっ飛ばして身体が反応しますので、
このような例外もあります。

 

 

思考をコントロールして感情を制御するのは極めて難しいです!


では感情をコントロールにはどうするかと言うと、

「思考を変える」

これしかないわけです。


不快感の感情が原因で不具合が起こるのであれば、
その感情が起こってしまう原因である、
「思考」をなんとかすればいいのです。


これがこれまでもご説明している、

「心構え・心の持ち方・考え方」

と言う事ですね。

 

が、しかしです。

 

これが今すぐ簡単にできれば、誰も苦労しません。


もしも人間が、ごく簡単に自在に思考をコントロール
できるのであれば、この地球上は天国状態と
なっている事でしょう。


しかし現実は残念ながら戦争やら貧困やら環境破壊やら、
惨憺たる有り様となっております・・・

 

では、思考コントロールは絶望的なのかと言えば
そんなわけではなく、実際にコントロールし、
ストレスの影響を小さくできている人間は
存在します。

※その最たる人物は「お釈迦様」なのかなと
勇飛は個人的に思います。

 

でもでもそれはやっぱり難しい・・・

 

あなたも、たぶん、今まで「心の持ち方を変えましょう」
と言っているエッセイや自己啓発本をお読みになった事が
あると思うのですが、ああ言った書籍類は確かに
いい事言ってます。


中にはしょうもない本もありますが、
基本的には人生の成功者が書いた、
「おっしゃる通り!」と賞賛せざるをえない
内容のものがほとんどかと思います。

 

しかしながら、本を読んだからと言って、
その場ですぐさま心持ち・考え方を変える事が
できるでしょうか?

 

ニ、三日後にはまた元の木阿弥になっている
はずです。

 

とは言え落ち込む必要はありません。

 

興味深い事に、こういった書籍類を執筆している
著者達も、完璧に思考をコントロールできているかと
言うと微妙なんです、実は。

 

勇飛はとある有名な著者の「裏の顔」を知っているのですが、
書籍や講演ではさんざんいい事言っておきながら、
めちゃくちゃしょうもない理由でキレたりしていました(苦笑)


はっきり言って(わかりやすく表現すると)ただのそのへん
歩いているおっさんと変わりない感じだったのですが、
結局のところ、

「ま、人間だしな」

って事です。

 


次回に続きます。

 

 


※ちなみに前も言ったかもしれませんが、
お釈迦様が思考コントロールのために
下記方法を「奥義」として使いました・・・


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 思考が感情を創り出し、不快感は感情が元となって起こる
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

人間は感情の動物であり、「快感」と「不快感」が行動原理です

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


人間は感情の動物


さて、ストレス(正確にはディストレス)をなくす、
またはディストレスをユーストレスに変える、
その方法を伝授させていただきます。

 

まず、当たり前ですが、一番有益な方法は、

「心構えや考え方を変えて、ストレスを感じなくする、
あるいはストレスの影響を和らげる」

ですね。


で、一度休日でもけっこうですので、そこそこの
規模がある書店に行ってみてください。


心構えや考え方に関して書いてる書籍が
山ほど出てきます。


しかしながら、それらの書籍を読んだからと言って、
簡単に解決するかと言うと、そうは問屋が卸しません。


と言うのも、ストレスが発生するきっかけは、
「感情」と深く関わっているからです。

 

この「感情」について、細かく話しだすと膨大な
量となってしまいますので、それはまた別の講座に
譲りたいと思いますが、端的に言いますと、


「人間は感情の動物」「人間=感情」


なのです。


どんなに冷徹・冷淡そうに見える人でも、ぶっちゃけ
「そう振舞っている」だけで、実は頭(心)の中では
感情が渦巻いてます。

※このあたり、一刻も早くお知りになりたければ、
心理学や精神医学系の書籍を読まれる事を
お勧め致します。
最近はわかりやすく噛み砕いて説明している
書籍が数多くございますので。

 

・・・では何故このように感情渦巻くようになって
しまっているのかと言うと、
「人間=動物」だから、です。


「人間=動物」と言うと、嫌悪感をもよおす方がけっこう
いらっしゃいますが、哲学的な検証は一旦わきに置いておいて、
こと生物学的観点からのみ取り上げると、
どこからどう見ても「人間=動物(哺乳類)」です。

 

 

「快感」と「不快感」


では動物にとって感情が必要不可欠な理由は
一体何なのか?


それは、

「生命維持のため」

です。


実は感情が一切なくなってしまうと、
生命維持が不可能となってしまいます。


例えば、動物は食物を摂取しなければ
当然お腹が空きますよね。


そしてお腹が空けば空く程、激しい「不快感」に
苛まれます。


これがもしも逆に、お腹空く事が動物にとって
「快感」だとしたら、とっくの昔に絶滅している事でしょう。


この「不快感」が感情です。


不快感を感じるから、動物はなんとかエサ(食物)に
ありつこうと、すごいモチベーションで頑張るのですね。


で、頑張った結果、エサにありつけると、
空腹が満たされ、「快感」を感じるわけです。


あなたが仕事帰りの居酒屋で感じる
お馴染みの「あれ」ですね。


快感ももちろん「感情」であり、基本的に動物は、

「不快感を避ける」か「快感を追い求めるか」

この2つの行動原理で日々の生活を送っていって
いるのです。

 

 

恐怖や不安の感情は生き残るために必須です!

また、もう1つ。

「恐怖や不安の感情」


上記感情は「不快感」にカテゴライズ(分類)される
感情となりますが、極めて重要な感情となります。


恐怖や不安をまったく、あるいはほとんど感じなく
なってしまったらどうなるかと言うと、

「天敵(自分の事を食べようとしてくる捕食者)」

のエサとなってしまいます・・・


つまり、恐怖や不安を感じないがために、
襲われた時に適切にその危機に対処する事ができない、
と言うわけです。


このあたりは詳しく言わなくてもおわかりいただけるかと
思いますが、これも「生命維持」に役立っているんですね。

 


・・・と言うわけで、

「感情」

についてはご理解いただけたかと思いますが、
それがストレス解消とどう関係するのか、
次回講座でレクチャーさせていただきます。

 

 


※昂った感情を落ち着かせるためには、
下記方法が一番です!


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 人間は感情の動物であり、「快感」と「不快感」が行動原理です
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このページの先頭へ