ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンの分泌が不足する原因は、強いストレス

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善



ドーパミン、ノルアドレナリンの分泌量を減らしたり等、
制限をかけるためには、「セロトニン」を働かせればよい、
と言う事でした。


では逆に、これら神経伝達物質の分泌量が不足していた場合に、
増やすためにはどうすればいいのか?

 

・・・と、「増やす方法」をレクチャーする前に、
まずは「不足してしまう原因」からつぶしていきましょう。

 

前回、前々回の三大神経伝達物質の際に
少しご説明しましたが、さらに詳しくいきます。

 

三大神経伝達物質の分泌が不足する一番の原因


一番の原因となるのは、何度がご説明させていただきました、
「強度のストレス」です。

ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニン。

どの神経伝達物質であっても、とにかく「強度のストレス」が
非常に大きく関係してきます。

ストレスについて簡単にご説明しますと、

「ストレス=心と身体に負担がかかる状態」

を言います。


そしてストレスを起こさせる原因となる刺激、
いわゆる「ストレッサー」ですが、これはもう様々な
ものがあります。


わかりやすいものでは、

「水中で息を止める」

です。


息を止める⇒苦しくなる⇒心身共にストレス発生
(この場合のストレッサーは息を止めると言う行為そのもの)⇒
ストレスから逃れようと水面に浮上⇒思い切り息を吸う⇒
ストレス消滅。


・・・上記のような一連の流れとなるかと思うのですが、
水中にいる時間が長引けば長引くほど、ストレスは
増大していきます。

これが究極なまでに長引けば、当然ながら、最終的には
「死に至ってしまう」わけで、とにかくストレスから逃れようと
必死になる事でしょう。
(ちなみにこの時は、交感神経の働きがフルMAX状態ですので、
相当ノルアドレナリンが分泌されまくっている事でしょう)

 

この場合のストレスは、心身共にかなりしんどいですが、
水中から水面に出てしまいさえすれば、「完全解決」します。


つまりストレスの原因刺激となる「ストレッサー」を
排除する事ができるのです。

 

このような、「肉体的なストレス」の多くは、
「一時的なもの」が非常に多いです。
(他には何か重いものを持ち上げたり、階段を全速力で
駆け上がったり等々)

肉体に対して物理的に何らかの影響を及ぼす性質を持つ
ストレッサーの「破壊力」には、凄まじいものがありますが、
その分、「目に見えるわかりやすいストレッサー」な
場合が多いので、意外とシンプルに解決したりします。

 

・・・では問題となるストレッサーはどのようなものと
なるのでしょうか。

 

次回に続きます!!

 

 


※この方法を使えば、特にリラックスを司る
副交感神経を調整できますので、ストレッサーを
遥か彼方へと吹っ飛ばす事ができます。


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンの分泌が不足する原因は、強いストレス
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

セロトニンはブレーキをかける役割を持ち、さらにメラトニンの材料となります

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


前回からの続き。
セロトニンについての説明となります。

実はこの「セロトニン」こそが、
うつ(鬱)病や自律神経失調症をふっ飛ばすための
「真打ち」となりますので、今回の講座は心して
受講していただければと思います。


【セロトニン】

★働き:

・神経伝達物質分泌にブレーキをかける。
⇒ドーパミン、ノルアドレナリン等、他の神経伝達物質の
分泌量に制限等の調整をかけます。
これがうまく働かないと神経伝達物質の分泌システム
そのものが崩壊してしまうと言う、
大変大変重要な働きです。

逆にうまく働いていれば、「精神安定効果」を得られ、
不安や恐怖、怒りからの影響を減らし(プレッシャーに
強くなる)、前向き・活発な気持ちになれます。

・睡眠コントロール
⇒「メラトニン」と言う、有名で超重要な眠りを誘う、
「睡眠ホルモン」がありますが、実はなんと、
この「セロトニン」が元の材料となって作られているのです!!
※詳しくはまた後日ご説明します。

・体温調整の働き
⇒地味ですが、これも超重要。


★不足時の不具合:

セロトニンが不足すると、神経伝達物質の分泌に歯止めが
かかりにくくなります。
例えばドーパミンが過剰分泌されると快楽を求め続ける
中毒症状が出ますし、ノルアドレナリンが過剰分泌されると
不安や恐怖、怒りが強く出て、精神的に不安定となります。
(以前ご説明した「躁状態」となってしまいます)

ちなみに、強いストレスはノルアドレナリン分泌量を過剰に
増加させるのとは逆に、減少させてしまう場合も多いのです。
著しく減少すると、無気力・無関心状態となってしまい、
「うつ(鬱)」に陥ってしまいます。

こう言った場合、主な原因は「ストレス」なので、
セロトニンを多く分泌させるとストレス緩和機能が働き、
ノルアドレナリンが正常に分泌されるようになります。


★過剰分泌時の不具合:

セロトニン症候群と呼ばれる頭痛、めまい、吐き気等、
様々な症状に見舞われる場合があります。

セロトニン中毒とも呼ばれます。

通常の生活を送っていて、いきなり見舞われる事は
まずありませんが、うつ等の治療のために、
薬物を摂取していると起こる事があります。

特に2種類以上の併用での発症例が多いとの事ですので、
担当医師とのしっかりとした意思疎通が必要となります。

 

・・・以上、前回今回と「三大神経伝達物質」について
レクチャーさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

各物質とも、もれなく大活躍しており、どれ一つとってしても
無駄なものはなく、さらに、どれか一つが過剰に分泌されたり、
逆に著しく不足するのはよろしくない、
と言う事実も、しっかりとご認識いただけたかと思います。

 

さて、次回以降からいよいよ当講座もクライマックス。

 

具体的に、どうやれば三大神経伝達物質の働きの質を高める
事ができるのか、と言う部分をガッツリとレクチャー
させていただきます。

 

乞うご期待ください!!

 

 

 

※この方法を使えばセロトニンが恐ろしいほど
分泌されまくり、精神安定状態にもっていく事ができるのですが、
実は数千年前から知られていた方法であり、
想像を絶する程の歴史があります・・・


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - セロトニンはブレーキをかける役割を持ち、さらにメラトニンの材料となります
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ドーパミンとノルアドレナリンは、それぞれ快楽や興奮、不安や怒りを司る

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


さて、いかに神経伝達物質のバランスを絶妙なものに保つか。


1ステップずつ順にご説明させていただきます。

 

三大神経伝達物質


うつ(鬱)や自律神経失調症に関する神経伝達物質は、
以前にもレクチャー致しました通り、


「ドーパミン」
「ノルアドレナリン」
「セロトニン」


が中心的役割を果たしています。


これらを勇飛は勝手に「三大神経伝達物質」と名付けました。


基本、この3つを押さえていただくだけで良く、
下記よりご説明致しますので、インプットよろしくお願いします。

 

【ドーパミン】

★働き:
脳を覚醒させて、やる気や集中力を高めたり等、
興奮や快楽を司ります。
非常に前向き・活動的な役割を持ちます。

★不足時の不具合:
意欲の低下が顕著に出ます。
例えば仕事や趣味等に熱中・没頭できるのは、
このドーパミンの働きが深く関わっているからであり、
何らかの原因で分泌量が減ると、「無気力」状態に
なってしまいます。
(精神面だけでなく、運動機能や性機能等、肉体的面でも
実際に機能低下します)

★過剰分泌時の不具合:
実はドーパミンは「食欲」を司る「摂食中枢」を
促進させる役割を担っており、過剰分泌されると
いわゆる「過食」に悩まされる事になります。
また、飲酒・喫煙・ギャンブル等にのめり込んでしまう
メカニズムも、ドーパミンの過剰分泌に原因があります。


【ノルアドレナリン】

★働き:
意欲や興奮を司る神経伝達物質となります。
不安や恐怖感、怒りを感じる時に分泌され、人間含む動物(哺乳類等)
全般で、最も多く分泌される神経伝達物質だそうです。
交感神経の働きを最大化させる役目(アクセル)を担っている、
超重要神経伝達物質です。
(もしも野生でサバイバルしている時に、この物質が
物質されなくなると、すぐさま外敵に捕食されて
しまう事でしょう)

ストレスが引き金となって、分泌される傾向にあります。


★ドーパミンとの違い:
上記ドーパミンと似ている部分がございますので、
少し補足します。
実はドーパミンは、ノルアドレナリンの「前駆体」なのです。
前駆体と言うのは、

「ある化学物質について、その物質が生成する前の段階の
物質のことを指す」
~ウィキペディアから引用~

との事で、つまりドーパミンがノルアドレナリンに変わる、
と言う事ですね。

ですので、ドーパミンもノルアドレナリンも、
同じようなものであるとお考えいただいても問題ないのですが、
ドーパミンは主に「脳内」でしか働かない、と言う違いが
あります。

ドーパミンは快楽を司るとお伝えしましたが、
そこの部分をもう少し詳しくご説明すると、
快楽は「報酬系」と呼ばれる、快の感覚を与える神経系が
働いて発生します。

なので快楽は、例えば交感神経が緊張して身体に影響が
実際に出るかどうかとは関係なく、あくまで脳に作用して
脳内で感じている、と言う事なのですね。

この話しや上記「神経系」の話をしだすと、
また一つ別の講座を立ち上げなければならなくなる程の
ボリュームとなりますので、この程度にとどめておきます。

とりあえずは、

「ドーパミンは脳内でのみ作用し、
ノルアドレナリンは交感神経を通じて身体全体に
働くものである」

と言う部分だけ押さえておいていただければ十分です。


★不足時の不具合:
無気力・無関心等の意欲低下が起こります。
いわゆる「うつ(鬱)」状態です!!


★過剰分泌時の不具合:
いわゆる「躁状態」を引き起こしてしまいます。
これにつきましてはまた後程ご説明させていただきますが、
簡単に言いますと、気分が著しく高揚・興奮し、
怒りっぽくなったりする状態を指します。
「うつ(鬱)」の逆ですね。

また、血圧を上げる作用もありますので、
長期間過剰に分泌され続けると、非常によろしくない
事はあきらかです。

 

・・・長くなってしまいましたので、「セロトニン」に
関しては、次回のレクチャーとさせていただきます。

 

 

※脳内で作用する脳内物質の分泌を言えば、
こちらの方法しかないでしょう!!


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ドーパミンとノルアドレナリンは、それぞれ快楽や興奮、不安や怒りを司る
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

自律神経の神経伝達物質(ノルアドレナリン、アセチルコリン)と、胃の働き

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


交感神経からは「ノルアドレナリン」、副交感神経からは「アセチルコリン」


皮膚や内蔵等の「標的器官」に到達した自律神経は、
一体全体どのように標的器官を調節していっているのか?


これも実はうつ(鬱)の項目にてご説明致しました、
「神経伝達物質」が関連しているのです!!

 

以下、ご説明します。

 

標的器官に到達した自律神経。


その神経の末端部分(神経終末)から、
交感神経からは「ノルアドレナリン」、副交感神経からは
「アセチルコリン」が分泌されます。


しかし細かい話しですが、交感神経の場合、確かに
神経終末で分泌されるのはノルアドレナリンなのですが、
最終的にシナプス内で分泌されるのは、副交感神経と同じく、
アセチルコリンとなるそうです。


理由は、交感神経の場合、中枢部から出てそのまま標的器官に
達するわけではなく、一度「神経節」と言う場所で「中継」
されるそうです。


中継を経ると、ノルアドレナリンがアセチルコリンとして
分泌される事になるそうです。
※なお、この「中継」は、「乗り換え」と言う風に考えると
わかりやすいそうです。


で、副交感神経の場合は、標的器官の近くまで到達した後に
中継されるそうなので、始めからアセチルコリンなのだそうです。

(複雑すぎるので、上記中継云々の部分は完全スルーでけっこうです)

 

 

胃の働き~交感神経優位か副交感神経優位か~


と言う事は、ですが、やはり「神経伝達物質」が
全ての実行の鍵を握っていると言うわけなのですね。


具体的に「胃」でご説明致しますと、
交感神経優位(働きが強まる)になると、
胃酸・胃粘液の分泌量が減少、
逆に副交感神経優位になると分泌量は増加します。


以下からは「7日間集中健康WEB講座」でご説明した
内容となりますが、非常に重要なので、再度しっかりと
復習してください。


交感神経は「興奮・緊張」を司っており、
興奮・緊張すると、何故胃酸・胃粘液の分泌量が
減るのかと言うと、「筋肉を中心とした身体機能の強化」に
全神経を集中する必要があるからです。
(この全神経を、と言う表現、よく使われますが、
興味深い表現ですよね)


当たり前ですが、例えば何かに襲われた場合、
戦うか逃げるかの対処を取らないと、
「されるがまま」
となってしまい、命を失ってしまう危険に晒されて
しまいます。


その際、戦うにしろ、逃げるにしろ、
主に筋肉を使って瞬発力を出す必要があります。


そしてこの瞬発力を発揮して対処している間に、
「胃」の働きについてはどうなっているでしょうか?


「胃」と言うのはご存知「消化器官」であり、
とりいれた食物を消化していきます。

消化するために胃液を分泌するわけですが、
危機に襲われている最中に、悠長に分泌している
場合ではありません。

「全神経」を、今目先の危機から生き延びるために
集中しなければならないわけです。


ですので分泌量が減るわけです。
(交感神経が優位になると自動でそのように調整が
入る)

 

ちなみにこれは私勇飛の個人的経験で、胃の話しからは
ずれるのですが、会社の仕事で、とある「展示会」に出店し、
自社ブースでお客様対応をした事があります。

この展示会、自社ブースはおかげ様で「大盛況」と
なりまして、次から次へと押し寄せてくる来客者の
対応に全力で追われまくり、なんと、

「10時の開幕から、18時の閉幕まで、
一回もトイレに行かなかった(行けなかった)」

と言う経験がございます。


消化・排泄関連は、交感神経ビンビンの興奮状態ではダメで、
基本的にはある程度のリラックス状態にないと、
うまく機能しないと言う事例の典型ですね。
(さすがにこれほど長時間排泄しなかったのは、
人生初な感じでした)

 

・・・ではこれとは逆に胃が活発に働く時とは、
どんな時なのか?

 

長くなりましたので、次回に続きます。

 

 


※もう何度も何度もお伝えしておりますが、
やはり自律神経の働きを正常なものに調整するためには、
下記方法をおいて他にないのです・・・


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自律神経の神経伝達物質(ノルアドレナリン、アセチルコリン)と、胃の働き
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

神経伝達物質は、免疫力を高めるために必要なホルモンとしても作用します

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


神経伝達物質はホルモンとしても作用します!


神経伝達物質・・・


これはもはやうつ(鬱)病や自律神経失調症だけの
話しではなくて、人間の生理活動にとって、
絶対的に必要なものとなりますよね。


この神経伝達物質を完全にコントロールできたとすれば、
その効果はかなり高いであろう事は、ご理解いただけるかと
思います。


以前の回でもご説明致しましたが、神経伝達物質は未発見の
ものも含め、100種類程あると言われています。


それぞれがかなり複雑な働きをするわけですが、
実は既にレクチャー致しました、「ノルアドレナリン」や
「ドーパミン」等、うつや自律神経に関連する神経伝達物質は、
なんと「ホルモン」としても作用しちゃうのです!
(化学的特性は実質同じだそうです)


ホルモンはいわゆる「免疫力」の呼称で有名な、
免疫に関わる、生理活性物質(生理機能を調整する物質)
となります。


免疫についての詳細説明は、また別の講座でさせていただければと
思いますが、端的に言いますと、


「人間の身体を防御するための一連のシステムの事」


となります。


ホルモンの分泌は、「脳下垂体」と呼ばれる部位で
コントロールされており、

「成長ホルモン、甲状腺ホルモン、乳腺刺激ホルモン、
副腎皮質ホルモン、性腺刺激ホルモン」

等々、様々な種類のものが日々、分泌されています。

 

免疫の働きが著しく落ちると、命に関わります
(当たり前ですが)ので、非常に重要であり、
その重要な働きを「ノルアドレナリン」や
「ドーパミン」等が、がっつりと担っているわけです。


しかも神経伝達物質としての働きも担いながら
ホルモンとしても働くわけなので、
まさに「スーパーマン」と呼んでも差し支えないでしょう。

 

 

神経伝達物質達を、最高のパフォーマンスで働かせるために・・・


「勇飛さん、ノルアドレナリンやドーパミンはじめ、
セロトニン等々、神経伝達物質が、うつ(鬱)改善のための
重要ポイントなのは、よ~くわかりました。

要するにこれらの物質を、絶妙なバランスで
働かせる事ができれば、悩まされている問題が解決する
と言う事ですね?

ぜひ働かせ方を教えてください!!」

 

 

・・・はい、お待たせしました。

 

長かったですが、今回で基礎的な内容のレクチャーが終わり、
いよいよ本格的にうつ(鬱)病&自律神経失調症を撃退する
ための詳細なレクチャーをさせていただく段階にきました。

 

ここから少々高度な内容となってきますが、
ここまでお読み進めいただけたあなたであれば
大丈夫。


十分に理解を進めていっていただけるかと思います。

 

一通一通見逃さず、ご購読をお願い致します。

 

迷惑メールに振り分けられていないか、
常にご注意くださいね。

 

 

 

※ノルアドレナリンやらセロトニンやら、小難しい理論を
勉強するのが苦手と言う事であれば、いきなり下記方法をお試し
いただく形でも問題ございません。


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 神経伝達物質は、免疫力を高めるために必要なホルモンとしても作用します
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このページの先頭へ