自律神経失調症は器質的変化のない、原因不明の症状です

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


自律神経失調症と器質的変化


うつ(鬱)病、自律神経失調症、適応障害、
それぞれの診断基準には特に明確な違いはなく、
あくまで診察した医師の診断によるもの、と言う事でした。

 

では、そもそもですが、一体全体何故そう(不明確に)
なってしまうのでしょうか?

 

これにお答えするためには、自律神経失調症について、
さらに詳しくお伝えする必要がありますので、
聞いてください。

 

実を言いますと、自律神経失調症と言うのは、
正式な病名及び診断名ではありません。

 

では何かと言いますと、


「自律神経系の働きが落ちている(機能低下している)
状態、症状」


と定義されるのです。

 

つまり、あくまで「状態、症状」であり、それに対応した
「器質的変化」が見られないので、病名ではないと言う
論法となります。

 

さて、上記で「器質的変化」と言う見慣れない概念が
出て来ましたので、ご説明しましょう。

 

器質的変化とは、下記となります。

 

「組織や細胞が、元の形態にもどらないような変化が起こることをいい、
このようになった病気を、器質的疾患といいます」

―◆医療・医学に関する用語集◆―より引用
http://www42.tok2.com/home/iryo/iryo-ki09.html

 

ちょっとまわりくどくて難しい表現かと思いますので、
具体的な例を。

 

例えば「切り傷」を負ってしまう事ってありますよね。

 

切り傷を負うとどうなるかと言うと、当然血が吹き出して
しまいますが、これは皮膚と血管が傷つけられ、
破壊されたために起こってしまう現象です。


まさしく、「組織や細胞が、元の形態にもどらないような変化」
ですよね。


また、「脳」の場合だと、

「脳内出血、脳梗塞、脳腫瘍、血腫や各種炎症」

となります。


脳の中ですと、通常は外からその変化は確認できませんが、
CTスキャン等を使えばわかりますね。

 

 

うつ(鬱)病や自律神経失調症の器質的変化について


肉体的な損傷や疾患等の場合は、
上記のように器質的変化が見やすいですね。


しかしながら、うつ(鬱)や自律神経失調症につきましては、
先ほどもご説明致しました通り、「器質的変化」が見られないのです。


順にご説明致します。

 

★うつ(鬱)病につきまして

こちらですが、うつ病にかかったからと言って、
どこかの部位が目に見せて損傷したり変形したりするわけでは
ありません。

近年の研究では、鬱状態等ストレスがきっかけで、
脳の一部が萎縮したり等の変化が見られると言う
結果が出ておりますが、
とは言え微細なレベルであり、またどの程度のストレスで
どれくらい萎縮するのか、100%因果関係が
証明されているわけではありません。

また、全てのうつ(鬱)病患者に萎縮が見られるわけではないため、
現状の医学では、実際的には「器質的変化は起こらない」と
判断できます。


★自律神経失調症につきまして

自律神経失調症によって、倦怠感、不眠、頭痛、肩こり等の
各種症状に苛まれてしまいますが、しかしこれらによって、
何らかの器質的変化が引き起こされるわけではありません。


また、逆も言えまして、何らかの器質的変化によって、
上記のような自律神経失調症の症状が引き起こされるわけでも
ありません。


つまり「原因不明」であるにも関わらず、
一連の不具合が起こるのです。

 

自律神経系失調症とは、


「原因不明で自律神経系の働きが落ちている(機能低下している)
状態、症状」


と言う事ができるのです。

 

次回に続きます。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自律神経失調症は器質的変化のない、原因不明の症状です
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

適応障害やうつ(鬱)、自律神経失調症の医師の診断結果は!?


【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


第3の勢力、「適応障害」


うつ(鬱)と自律神経失調症は、一体全体どう違うのか?


結論を述べる前に一つ、「適応障害」につきまして、
レクチャーします。


「適応障害」と言う言葉ですが、どうでしょう。
最近ちらほら目にする言葉になってきたのでは
ないでしょうか。


これはどのような症状かと言うと、言葉通りで、


「ある特定の出来事や状況によって耐え難いストレスが
一定期間かかり、その影響によって精神不安や
身体的不具合出る症状」


の事です。


いわゆる「ストレス障害」と呼ばれる、精神疾患の一種と
されています。


※ちなみに同じような症状で、有名な

「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」

があります。

 

「え?精神不安や身体的不具合って、うつ(鬱)&自律神経失調症
と同じ感じの症状って事?」

 

・・・適応障害は一般には、うつ(鬱)や自律神経失調症の
前段階の症状であり、さらに悪化するとうつ(鬱)や自律神経失調症に
症状が進むと言われています。

 

が、これまた明確に違いがあるわけではありません。

 

骨折や打撲、切り傷や火傷等、身体的な外傷であれば、
それぞれ明確に違うのですが、心理的、精神的なもの、また、
精神的な要因が元で起こる身体的不具合の場合は、
「切り分け」が非常に難しいのです。

 

 

「適応障害」と言う診断名の存在理由


では何故わざわざ「適応障害」なる症状名が存在するの
でしょうか。


医療界の裏事情等含め、様々理由がありますが(長くなるので
今回は医療界の裏事情については割愛します)、
大きな理由として、


「原因が明確に切り分けられない疾患に対応するため」


が挙げられます。


この「原因が明確に切り分けられない疾患」と言うのは、
当然ながらうつや自律神経失調症を指すのですが、

上記で、


>適応障害は一般には、うつ(鬱)や自律神経失調症の
前段階の症状であり、さらに悪化するとうつ(鬱)や自律神経失調症に
症状が進むと言われています。<


と述べました通り、「適応障害」は診断基準がもう少し広くなります。


つまり、大仰にうつ(鬱)病や自律神経失調症と
診断する必要のない、中~重度ではなく、軽度の症状にも
広く対応できる(診断名をつけられる)と言う事なのです。

 

 

うつ(鬱)や自律神経失調症、適応障害等の病名・病状の違いは?


はい、ではいよいよ結論に入ります。


結局のところ、うつ(鬱)や自律神経失調症、適応障害
等の病名の違いは、以前もお伝え致しました通り、


「決定的な違いはなく、医師の診断結果の表面的な
名称の違いである」

と言う事になるのです。


A医院ではうつ病と診断されたが、B医院では自律神経失調症、
C医院では適応障害、と言う事は十分にあり得るのです。

※特に「適応障害」と言う病名は、汎用性が極めて高いので、
頻繁に診断する事ができます。
診断できると医者にとっては・・・
と、言う事なのですね。

 

と言うわけで、謎は解けたかと思います。

 

ではそれを踏まえた上で、我々は一体、これらに
どう対処・対応すればいいのでしょうか。

 

次回に続きます。

 


※なお、これら診断をふっ飛ばせる救世主は
こちらとなります!


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 適応障害やうつ(鬱)、自律神経失調症の医師の診断結果は!?
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

自律神経失調症とうつ(鬱)病はもう同じでいいんじゃないですか?

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


うつ(鬱)と自律神経失調症の「違い」について、


「決定的な違いはなく、医師の診断結果の表面的な
名称の違いである」


と言うお話しでした。


今回はこれが一体全体どういう事であるのか、
レクチャー致します。

 

 

自律神経失調症の診断根拠は?


順にご説明していきます。


まず、自律神経失調症についてですが、
主に

疲労感、精神的な落ち込み、不眠、頭痛、筋肉のこわばり、
胃腸の不具合等々、いわゆる


「体調不良の症状の総称」


として使われます。


もっと言いますと、例えば事故等の何か物理的損傷や、
ウイルスや細菌の感染等、明らかな直接的原因がなく、
「原因不明」で上記症状が出た場合に診断されます。


つまり、わざわざ診察に来てくれた患者さんに、


「原因不明です」


の一言だけで、帰すわけにもいかないので、
とりあえず自律神経失調症ですと伝えておくと言う
意味があるのです。

 

・・・そうです。


もうお気づきの事かと思いますが、
自律神経失調症と言うのは、何らかの疾病(病気)の
疾患名を言い表しているのではなく、


「現状をただ単に報告しているにすぎない」


のです。


子ども騙しのように感じるかもしれませんが、
明確な治療方法がなく、だからこそこの症状に悩む方が
多いのです。
(ですのであなたもこのメール講座を
受講されているのだと思います)

 

 

うつ(鬱)病とは?


翻って、今度はうつ病のお話しになりますが、
表面に出てくる症状は自律神経失調症と、
まったく同じと言っても差し支えないレベルです。


唯一の違いと言えば、「日内変動」と言いまして、
時間帯によって調子の波が変わりやすい傾向にあります。

例えば、朝が最も調子が悪く、布団から一歩も出られないと
言った話しが、よく報告されます。
(この場合日中は活動せず、夜更かししてしまう事になって
しまうため、状況はより悪化の一途を辿ってしまいます)


また、ホルモン等の内分泌系の著しい異常や、
脳の機能的に疾患が見受けられるかどうかも
ある程度の判断基準にされます。

 

・・・が、しかしです。

 

「日内変動」は、別に自律神経失調症であったと
しても、全然起こり得ます。


そして内分泌系と脳機能の不具合に関しても、
これらの有り無しで明確に自律神経失調症とうつ(鬱)が
切り分けられるわけではありません。

 

つまり、自律神経失調症では絶対に起こり、
うつ(鬱)病では絶対に起こらない(逆もまた然り)、
と言うような症状は存在しないのです。

 


・・・ん?

 


なんかますますわからなくなってきたんですが・・・


じゃあややこしいので、もう自律神経失調症とうつ(鬱)病は
同じって事にした方が、正直わかりやすいんじゃない?

 


はい、勇飛も詳しく調べていて、大いに混乱して
しまいましたが(苦笑)、ご安心ください。

 


次回、明快にこの最大の疑問について、
お答えしますので、乞うご期待くださいね!!




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自律神経失調症とうつ(鬱)病はもう同じでいいんじゃないですか?
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

うつ(鬱)と自律神経失調症発生のメカニズム

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


これまで、うつ(鬱)が引き起こす具体的な問題点について、
レクチャーしてきました。


些細なきっかけで、誰しも抑うつ(鬱)状態からうつ(鬱)病に
なりうる事は、十二分にご認識いただけたかと思います。

 

ではそもそもうつ(鬱)は、どう言った原因、
メカニズムによって起こってしまうのか?

 

うつ(鬱)に対処するためには、うつそのものに
ついて知らなければなりません。

 

そもそもうつ(鬱)とは何なのか?


心身はどういう状態になっているのか?

 

いよいよその全貌を今回よりレクチャー致します!!

 


・・・と、大風呂敷を広げた直後に恐縮ですが、
実はメカニズムはまだ完全に解明されておらず、
まだまだ謎の部分が残されています。


しかし医学の発展により、徐々に解明が進んできており、
現在判明している最新の「説」をお届けできればと
思います。

 

 

うつ(鬱)と「あれ」はどう違うのか?


うつ(鬱)状態にさらされている際には、
落ち込みや激しい怒り等の感情の起伏をはじめ、
不眠、頭痛、目眩、吐き気、筋肉のこわばり等々、
多種多様な症状に苛まれます。

 

さて、これら症状、ど・こ・か、で見覚えがありませんか?

 

当勇飛の健康講座を受講した事のあるあなたであれば、
わざわざ勇飛に言われなくとも、ピンと来ているはずですが・・・

 

そうです。

 

「自律神経失調症」

 

ですね。

 

「ん?
うつ(鬱)っていわゆる自律神経失調症ってやつと
同じじゃね?
これ身体的な症状だけ見ると、まったく違いが
わかんないんですけど」

 

・・・もしも上記のように思われているのであれば、
あなたはしっかりと勇飛の健康講座を
受講したと言う証であり、大変喜ばしい事です。

 

で、ご疑問に対する答えですが、結論から申し上げますと、
おっしゃる通り、


「決定的な違いはなく、医師の診断結果の表面的な
名称の違いである」


と断言する事ができます。


表面的な名称?


ここから話しはより複雑化してきますので、
一気に詰め込めすぎる事によって起こる混乱を避けるため、
次回にさせていただきますね。

 

当講座、いよいよ核心部分に突入しますので、
心してご受講いただければと思います。

 


・・・あ、最近Yahoo!メールでは、けっこうな確率で
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう事が
あるみたいですので、必ずチェックお願いします。

できれば当メール講座専用フォルダをお作りいただき、
そちらに振り分けられるように設定していただけますと、
完璧です。

 

 

※自律神経失調症と言えば、もう今さらご説明するまでも
ないですが、これしかないかと思います。


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - うつ(鬱)と自律神経失調症発生のメカニズム
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

自殺の兆候(塞ぎ込み、感情の起伏)や自傷行為について


【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


まさかあの人が自殺・・・


「まさかあの人が自殺するなんて・・・」

「昨日まで明るく挨拶してくれていたのに・・・」

「楽しそうな感じだったんだけどなぁ・・・」


上記、自殺した方の周辺にインタビューした際に、
よく返ってくる反応です。


確かに、実際にまったく普段通りで、自殺をにおわす
兆候はまったくなく・・・と言ったケースはありえるかと
思います。


が、目を凝らしてよく観察していれば、
「それなりの兆候」を認められるケースは
非常に多いかと思います。


もしもあなたの身近な人で、

「何かやばそうだな」

と感じる方がいらっしゃるようであれば、
何気ない日常の仕草や振る舞い等にご注意いただければと
思います。

 

 

自殺の兆候具体例


下記、一般的に自殺の兆候と呼ばれるものを
列挙しました。


★塞ぎ込み
・突然塞ぎこむようになった。
・塞ぎこむ時間が多くなったように思う。
・遊びに誘っても頑なに拒否する。
・話しかけても焦点の合わない目でぼうっと
虚空を見つめるだけで、反応がない。
・会話していても、自分の世界に浸っているような感じで、
良好なコミュニケーションを取り辛い。


★感情の起伏
・突然怒りだしたと思ったら、次の瞬間は落ち込んでしまい、
部屋から出て来ない。
・異常に(常識の範囲を超えて)涙モロくなった。
・些細な事に落ち込んだり気にし過ぎたり、
非常に不安定になっている。
・話し合いをするも、まったく


★注意欠陥度合い
・普段なら絶対に忘れないような仕事道具を
職場に持ってくるのを忘れる。
・財布等の貴重品を忘れてしまうも、特に執着する様子も
なく、投げやりな反応。(通常はありえない)
・仕事で、いつもは絶対に間違えないような事を間違えて
しまい、しかもその間違いに対して特に悪びれる様子もない。


★飲酒量、喫煙量の急増


★買い物等、異常な散財。


★異常な程の身辺整理

 

・・・上記兆候が少しでも見られた場合、
些細な事として見過ごさず、話しを聞いてあげるなり、
場合によって医療期間の受診を勧めるなりしましょう。

 

と言うのも、一見些細な事に見える出来事が
きっかけに、自殺を実行してしまう場合があるからです。

例)些細な行き違い等から激しく感情的に、一方的に、
話し相手を罵った後、自分の部屋にこもり、出て来ないなと
思ったら・・・等々。

 

 

自傷行為につきまして


リストカットを始めとした、いわゆる「自傷行為」につきまして
ですが、一番気をつけなければいけない兆候です。

よく、

「自傷行為をする状態であればまだ大丈夫だ。
何故なら本当に死ぬ気であれば、とっくに(自殺)を
実行しているから。
(つまり自傷行為は死なない程度に冷静に計算して
自身を傷つけている)」


と言うような論調を見受けます。


しかしながらこれは大間違いで、自傷行為は大変危険です。


確かに、初期では重篤なダメージを(身体が)受けない程度に
傷つけるようコントロールできているかもしれませんが、
それがどんどんエスカレートしていき、自殺未遂を経て、
最終的には自殺が成功してしまうところまでいってしまいます。

 

自殺については、以上となります。


とにかく早期発見、早期対処が、自殺防止の鍵となって
参りますので、ぜひとも気をつけてくださいね。

 

なお、今回お話しした事は、他人のみならず、
あなた自身にも当てはまる話しです。

 

自分自身を振り返り、兆候に当てはまってないかどうか、
くれぐれもご注意ください。

 


※ちなみにもしも兆候に当てはまっていた場合は、
どこかに相談すると同時に、下記方法で神経の昂ぶりを
収めてください。
地道毎日続けていくと、予想以上に状況が改善される
可能性もあるかと思います。

http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自殺の兆候(塞ぎ込み、感情の起伏)や自傷行為について
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このページの先頭へ