不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


神経伝達物質は、免疫力を高めるために必要なホルモンとしても作用します

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


神経伝達物質はホルモンとしても作用します!


神経伝達物質・・・


これはもはやうつ(鬱)病や自律神経失調症だけの
話しではなくて、人間の生理活動にとって、
絶対的に必要なものとなりますよね。


この神経伝達物質を完全にコントロールできたとすれば、
その効果はかなり高いであろう事は、ご理解いただけるかと
思います。


以前の回でもご説明致しましたが、神経伝達物質は未発見の
ものも含め、100種類程あると言われています。


それぞれがかなり複雑な働きをするわけですが、
実は既にレクチャー致しました、「ノルアドレナリン」や
「ドーパミン」等、うつや自律神経に関連する神経伝達物質は、
なんと「ホルモン」としても作用しちゃうのです!
(化学的特性は実質同じだそうです)


ホルモンはいわゆる「免疫力」の呼称で有名な、
免疫に関わる、生理活性物質(生理機能を調整する物質)
となります。


免疫についての詳細説明は、また別の講座でさせていただければと
思いますが、端的に言いますと、


「人間の身体を防御するための一連のシステムの事」


となります。


ホルモンの分泌は、「脳下垂体」と呼ばれる部位で
コントロールされており、

「成長ホルモン、甲状腺ホルモン、乳腺刺激ホルモン、
副腎皮質ホルモン、性腺刺激ホルモン」

等々、様々な種類のものが日々、分泌されています。

 

免疫の働きが著しく落ちると、命に関わります
(当たり前ですが)ので、非常に重要であり、
その重要な働きを「ノルアドレナリン」や
「ドーパミン」等が、がっつりと担っているわけです。


しかも神経伝達物質としての働きも担いながら
ホルモンとしても働くわけなので、
まさに「スーパーマン」と呼んでも差し支えないでしょう。

 

 

神経伝達物質達を、最高のパフォーマンスで働かせるために・・・


「勇飛さん、ノルアドレナリンやドーパミンはじめ、
セロトニン等々、神経伝達物質が、うつ(鬱)改善のための
重要ポイントなのは、よ~くわかりました。

要するにこれらの物質を、絶妙なバランスで
働かせる事ができれば、悩まされている問題が解決する
と言う事ですね?

ぜひ働かせ方を教えてください!!」

 

 

・・・はい、お待たせしました。

 

長かったですが、今回で基礎的な内容のレクチャーが終わり、
いよいよ本格的にうつ(鬱)病&自律神経失調症を撃退する
ための詳細なレクチャーをさせていただく段階にきました。

 

ここから少々高度な内容となってきますが、
ここまでお読み進めいただけたあなたであれば
大丈夫。


十分に理解を進めていっていただけるかと思います。

 

一通一通見逃さず、ご購読をお願い致します。

 

迷惑メールに振り分けられていないか、
常にご注意くださいね。

 

 

 

※ノルアドレナリンやらセロトニンやら、小難しい理論を
勉強するのが苦手と言う事であれば、いきなり下記方法をお試し
いただく形でも問題ございません。


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 神経伝達物質は、免疫力を高めるために必要なホルモンとしても作用します
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ