不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


自律神経失調症のメカニズム~神経伝達物質で標的器官をコントロール~

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


自律神経失調症のメカニズムを再度


さて、前回まで数回に渡り、うつ(鬱)の詳しいメカニズムに
ついてご説明させていただきました。


何故ここまで詳しく説明する必要があるのかと言うと、
実はメカニズムの中にこそ、解決策が内包されているからです。

 

従いまして、今回は同じように、「自律神経失調症」につきましても
メカニズムをご説明させていただきます。

 

自律神経失調症に関しましては、先般の

「7日間集中健康WEB講座」

内にて、既に詳細にご説明致しました。


ですので一部重複した内容も入るのですが、
復習がてら、改めてお付き合いいただければと
思います。

 

 

自律神経の構成要素は、「交感神経」と「副交感神経」


自律神経失調症そのものについては、
これまでの本講座内でご説明させていただきましたので、
割愛します。


ですので早速メカニズムについて、下記より復習しましょう。

 

※以下、「7日間集中健康WEB講座~第4回~」より抜粋

————————————————–

「交感神経」は、「興奮や緊張、活動」を司る、
いわば「動」の働きをする神経。


「副交感神経」は、交感神経とは真逆の
「リラックスや精神安定」を司る、
いわば「静」の働きをする神経。

 

交感神経が優位になると心拍数が高くなり、
1分間あたりの呼吸数も多くなり、血圧が上昇します。

逆に副交感神経が優位になると、心拍数は低くなり、
呼吸も一呼吸がゆったり長くなり、血圧降下します。


この「動」と「静」の二つの神経、正常な状態であれば、
クルマの「アクセル」と「ブレーキ」をうまく使い分ける
がごとく、互いに連携して働く事ができます。

————————————————–

 

・・・はい、久方ぶりですが、思い出しましたか?

 

自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」で成り立っており、
クルマの「アクセル」と「ブレーキ」のごとく、
2つの神経がうまくバランスを取りながら働いている状態が
正常なのですね。


しかし、何らかの原因によって、このバランス(均衡)が
著しく崩れ去ると、自律神経の働きが機能低下を起こし、
自律神経失調症となってしまうわけです。

 

ではどのようにして自律神経失調症が発症してしまうのか、
さらに詳しく見ていきましょう。

 

自律神経は、脳や脊髄の中枢部分から、体全体に
張り巡らされています。


そして皮膚や内蔵等の「標的器官」と呼ばれる部位に
到達し、それら器官の働きを調整しています。
(このあたりは細かすぎる話しですので、
読み流していただいてけっこうです)

 


ではこの標的器官の働きは、どのようにコントロールされているのか?

 

はい、ここからが超重要なポイント。

 

じ・つ・は・・・

 

これもうつ(鬱)の場合と同じく、

「神経伝達物質」

が絡んでいるのです!!

 


神経伝達物質、半端ないですね(汗)

 


次回詳説します!!

 


※自律神経と神経伝達物質、この2つのワードが
絡むと言う事は、当然こちらの健康法に注目せざるを
得ないはずです!!


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自律神経失調症のメカニズム~神経伝達物質で標的器官をコントロール~
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ