不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンの分泌が不足する原因は、強いストレス

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善



ドーパミン、ノルアドレナリンの分泌量を減らしたり等、
制限をかけるためには、「セロトニン」を働かせればよい、
と言う事でした。


では逆に、これら神経伝達物質の分泌量が不足していた場合に、
増やすためにはどうすればいいのか?

 

・・・と、「増やす方法」をレクチャーする前に、
まずは「不足してしまう原因」からつぶしていきましょう。

 

前回、前々回の三大神経伝達物質の際に
少しご説明しましたが、さらに詳しくいきます。

 

三大神経伝達物質の分泌が不足する一番の原因


一番の原因となるのは、何度がご説明させていただきました、
「強度のストレス」です。

ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニン。

どの神経伝達物質であっても、とにかく「強度のストレス」が
非常に大きく関係してきます。

ストレスについて簡単にご説明しますと、

「ストレス=心と身体に負担がかかる状態」

を言います。


そしてストレスを起こさせる原因となる刺激、
いわゆる「ストレッサー」ですが、これはもう様々な
ものがあります。


わかりやすいものでは、

「水中で息を止める」

です。


息を止める⇒苦しくなる⇒心身共にストレス発生
(この場合のストレッサーは息を止めると言う行為そのもの)⇒
ストレスから逃れようと水面に浮上⇒思い切り息を吸う⇒
ストレス消滅。


・・・上記のような一連の流れとなるかと思うのですが、
水中にいる時間が長引けば長引くほど、ストレスは
増大していきます。

これが究極なまでに長引けば、当然ながら、最終的には
「死に至ってしまう」わけで、とにかくストレスから逃れようと
必死になる事でしょう。
(ちなみにこの時は、交感神経の働きがフルMAX状態ですので、
相当ノルアドレナリンが分泌されまくっている事でしょう)

 

この場合のストレスは、心身共にかなりしんどいですが、
水中から水面に出てしまいさえすれば、「完全解決」します。


つまりストレスの原因刺激となる「ストレッサー」を
排除する事ができるのです。

 

このような、「肉体的なストレス」の多くは、
「一時的なもの」が非常に多いです。
(他には何か重いものを持ち上げたり、階段を全速力で
駆け上がったり等々)

肉体に対して物理的に何らかの影響を及ぼす性質を持つ
ストレッサーの「破壊力」には、凄まじいものがありますが、
その分、「目に見えるわかりやすいストレッサー」な
場合が多いので、意外とシンプルに解決したりします。

 

・・・では問題となるストレッサーはどのようなものと
なるのでしょうか。

 

次回に続きます!!

 

 


※この方法を使えば、特にリラックスを司る
副交感神経を調整できますので、ストレッサーを
遥か彼方へと吹っ飛ばす事ができます。


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンの分泌が不足する原因は、強いストレス
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ