不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


適応障害やうつ(鬱)、自律神経失調症の医師の診断結果は!?


【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


第3の勢力、「適応障害」


うつ(鬱)と自律神経失調症は、一体全体どう違うのか?


結論を述べる前に一つ、「適応障害」につきまして、
レクチャーします。


「適応障害」と言う言葉ですが、どうでしょう。
最近ちらほら目にする言葉になってきたのでは
ないでしょうか。


これはどのような症状かと言うと、言葉通りで、


「ある特定の出来事や状況によって耐え難いストレスが
一定期間かかり、その影響によって精神不安や
身体的不具合出る症状」


の事です。


いわゆる「ストレス障害」と呼ばれる、精神疾患の一種と
されています。


※ちなみに同じような症状で、有名な

「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」

があります。

 

「え?精神不安や身体的不具合って、うつ(鬱)&自律神経失調症
と同じ感じの症状って事?」

 

・・・適応障害は一般には、うつ(鬱)や自律神経失調症の
前段階の症状であり、さらに悪化するとうつ(鬱)や自律神経失調症に
症状が進むと言われています。

 

が、これまた明確に違いがあるわけではありません。

 

骨折や打撲、切り傷や火傷等、身体的な外傷であれば、
それぞれ明確に違うのですが、心理的、精神的なもの、また、
精神的な要因が元で起こる身体的不具合の場合は、
「切り分け」が非常に難しいのです。

 

 

「適応障害」と言う診断名の存在理由


では何故わざわざ「適応障害」なる症状名が存在するの
でしょうか。


医療界の裏事情等含め、様々理由がありますが(長くなるので
今回は医療界の裏事情については割愛します)、
大きな理由として、


「原因が明確に切り分けられない疾患に対応するため」


が挙げられます。


この「原因が明確に切り分けられない疾患」と言うのは、
当然ながらうつや自律神経失調症を指すのですが、

上記で、


>適応障害は一般には、うつ(鬱)や自律神経失調症の
前段階の症状であり、さらに悪化するとうつ(鬱)や自律神経失調症に
症状が進むと言われています。<


と述べました通り、「適応障害」は診断基準がもう少し広くなります。


つまり、大仰にうつ(鬱)病や自律神経失調症と
診断する必要のない、中~重度ではなく、軽度の症状にも
広く対応できる(診断名をつけられる)と言う事なのです。

 

 

うつ(鬱)や自律神経失調症、適応障害等の病名・病状の違いは?


はい、ではいよいよ結論に入ります。


結局のところ、うつ(鬱)や自律神経失調症、適応障害
等の病名の違いは、以前もお伝え致しました通り、


「決定的な違いはなく、医師の診断結果の表面的な
名称の違いである」

と言う事になるのです。


A医院ではうつ病と診断されたが、B医院では自律神経失調症、
C医院では適応障害、と言う事は十分にあり得るのです。

※特に「適応障害」と言う病名は、汎用性が極めて高いので、
頻繁に診断する事ができます。
診断できると医者にとっては・・・
と、言う事なのですね。

 

と言うわけで、謎は解けたかと思います。

 

ではそれを踏まえた上で、我々は一体、これらに
どう対処・対応すればいいのでしょうか。

 

次回に続きます。

 


※なお、これら診断をふっ飛ばせる救世主は
こちらとなります!


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 適応障害やうつ(鬱)、自律神経失調症の医師の診断結果は!?
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ