不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


うつ(鬱)と自律神経失調症発生のメカニズム

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


これまで、うつ(鬱)が引き起こす具体的な問題点について、
レクチャーしてきました。


些細なきっかけで、誰しも抑うつ(鬱)状態からうつ(鬱)病に
なりうる事は、十二分にご認識いただけたかと思います。

 

ではそもそもうつ(鬱)は、どう言った原因、
メカニズムによって起こってしまうのか?

 

うつ(鬱)に対処するためには、うつそのものに
ついて知らなければなりません。

 

そもそもうつ(鬱)とは何なのか?


心身はどういう状態になっているのか?

 

いよいよその全貌を今回よりレクチャー致します!!

 


・・・と、大風呂敷を広げた直後に恐縮ですが、
実はメカニズムはまだ完全に解明されておらず、
まだまだ謎の部分が残されています。


しかし医学の発展により、徐々に解明が進んできており、
現在判明している最新の「説」をお届けできればと
思います。

 

 

うつ(鬱)と「あれ」はどう違うのか?


うつ(鬱)状態にさらされている際には、
落ち込みや激しい怒り等の感情の起伏をはじめ、
不眠、頭痛、目眩、吐き気、筋肉のこわばり等々、
多種多様な症状に苛まれます。

 

さて、これら症状、ど・こ・か、で見覚えがありませんか?

 

当勇飛の健康講座を受講した事のあるあなたであれば、
わざわざ勇飛に言われなくとも、ピンと来ているはずですが・・・

 

そうです。

 

「自律神経失調症」

 

ですね。

 

「ん?
うつ(鬱)っていわゆる自律神経失調症ってやつと
同じじゃね?
これ身体的な症状だけ見ると、まったく違いが
わかんないんですけど」

 

・・・もしも上記のように思われているのであれば、
あなたはしっかりと勇飛の健康講座を
受講したと言う証であり、大変喜ばしい事です。

 

で、ご疑問に対する答えですが、結論から申し上げますと、
おっしゃる通り、


「決定的な違いはなく、医師の診断結果の表面的な
名称の違いである」


と断言する事ができます。


表面的な名称?


ここから話しはより複雑化してきますので、
一気に詰め込めすぎる事によって起こる混乱を避けるため、
次回にさせていただきますね。

 

当講座、いよいよ核心部分に突入しますので、
心してご受講いただければと思います。

 


・・・あ、最近Yahoo!メールでは、けっこうな確率で
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう事が
あるみたいですので、必ずチェックお願いします。

できれば当メール講座専用フォルダをお作りいただき、
そちらに振り分けられるように設定していただけますと、
完璧です。

 

 

※自律神経失調症と言えば、もう今さらご説明するまでも
ないですが、これしかないかと思います。


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - うつ(鬱)と自律神経失調症発生のメカニズム
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ