不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


外因性うつ(鬱)、心因性うつ(鬱)、内因性うつ(鬱)とは?

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


うつ(鬱)病の分類


うつ(鬱)病・うつ(鬱)状態に陥ってしまうに至る
原因は下記3つに分類されます。


★外因性うつ(身体因性うつ)

★心因性うつ(性格環境因性うつ)

★内因性うつ


それぞれ解説します。


★外因性うつ(身体因性うつ)

アルツハイマーや脳血栓等の脳の病気、機能低下、リンパ系の不具合等々、
通常の身体的疾患、また、ステロイド等の薬剤が
うつ(鬱)状態の原因となっている場合を指します。

交通事故での外傷によって脳に傷ができたり揺さぶられたり、
と言った理由が多いですね。
※勇飛の学生時代の同級生で、交通事故が原因で気分の落ち込みが
定期的に襲ってくる子がいまして、調子が悪い時は1日中布団から
出れない、とお母様から聞きました。
激しい頭痛を伴う気分の落ち込みが襲ってくるそうですが、
見ていて非常に辛そうでした・・・


★心因性うつ(性格環境因性うつ)

心理的な衝撃を受けるような出来事等の環境変化や、
悩みや不安が元に引き起こってしまう鬱です。

もちろん、衝撃を受ける出来事が起こったからと言って
誰でもうつ(鬱)になるわけではなく、
元々うつ(鬱)になりやすい気質が関係する事が多いです。

従って、これはあくまで「きっかけの一つ」となります。


★内因性うつ

遺伝や体質等によって引き起こされるうつ(鬱)です。

主に体内分泌物の変化によって引き起こされます。

上記心因性うつ(鬱)との違いを説明すると、
特に心理的衝撃によって引き起こされるものではないと
言う性質のものです。

しかしながらまだまだ解明されていない部分があり、
心因性的要素も含んだ内因性うつ(鬱)も存在するようです。

 

 

うつ(鬱)の自覚症状


いずれの原因の鬱であれ、


・気分が落ち込む。(わけもなく絶望感にかられる)
・食欲がなくなる。
・無感情状態になる。(ものを食べてもおいしいと感じられなかったり、
仲の良い友達と遊んでも、楽しめない。
あんなに好きだったTV番組を見ても全然笑えない)
・睡眠が浅い、寝付けない。
・疲労感がずっしりと身体に押しかかる。


等々の様々な不具合が、一定期間続くようであれば、
状況を軽視せずに、医療を受診される事をお勧め致します。


次回に続きます。

 

※なお、特に

・睡眠が浅い、寝付けない。
・疲労感がずっしりと身体に押しかかる。

と言うような症状に悩まれているのであれば、
下記方法を実行すると、状況が改善するやもしれません。


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 外因性うつ(鬱)、心因性うつ(鬱)、内因性うつ(鬱)とは?
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ