不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


【腹式呼吸メルマガ】第29号:呼吸が深くなると・・・なんと●●なくなってしまいます!!

「呼吸が浅くなってしまい、心が疲労してしまう」

これ非常にまずいです(涙)


実は呼吸と言うのは身体の硬さと連動しています。


さて、ここでおもしろい事実をお伝えしましょう。

勇飛は「呼吸カウンセラー」を名乗っているくらいですから、
日常生活で出会う人の呼吸を観察する事がよくあります。

その中でも肩で小刻みに息をしている人が、いわゆる
「浅い呼吸をしている人」になるわけですが、
この「浅い呼吸をしている人」ほぼ皆に共通する特徴
があるんですね。

それが、

「身体が硬い」

という特徴なんです。

もちろん例外はあり、必ずしもそうだ、とは断言できない
んですが、身体の硬い人は呼吸が浅い場合が多いです。

 

逆に柔らかい人は深い呼吸ができているのかと言うと、
硬い人に比べるとましではあるんですが、
残念ながら必ずしもできているとは限らないんですね。

やはり声の職業に関わっている人達のように、
専門的に練習をしなければ深い呼吸ができるように
はなかなかなりません。

理由は現代人の生活はストレスが強いので、
お腹の筋肉が緊張してしまっているからです。

 

また、昔のように農作業や撒き割等で胆(はら)の力を使う、
と言うことがなく、
普段から深い呼吸を使う訓練をしていない、
と言う理由もあります。

 

ちなみに勇飛の父親は勇飛に、
中学に上がったら絶対に吹奏楽系の部活動に入れと
いつも言っていました。

理由は勇飛は小学校の時の時喘息を患っており、
喘息に効くのではないかと言う理由からでした。

なぜ効くのかと言うと、
トランペット等を吹くと、もうこれでもかと言うくらい
腹式呼吸を鍛える練習になるからです。
※ご存知の通り、喘息には腹式呼吸が効果的です。

 

実は勇飛の父親は中学の時、ブラスバンドをやっていた
ので、その経験からのアドバイスでした。

吹奏楽等で管楽器をやっていた経験がある方はご存知でしょうが、
あれって始めは吹いても吹いてもびっくりするほど音が出ない
そうですよね?

口先だけでは絶対音が出なく、腹から声を響かせる必要があると。


ですので嫌でも腹式呼吸の練習にならざるを得ないのです。


・・・と、こういうような感じで、絶対とは言い切れないんですが、
身体が硬いと呼吸が浅くなる傾向があるのは間違いありません。


で、呼吸が浅くなるとどうなるのか?

冒頭で、

「呼吸が浅くなると心が疲労してしまう」

と言いましたが、どういう事かと言うと、精神的に弱くなり、
余裕がなくなってしまうのです。


弱くなるとどうなるのかと言うと、
色んな不具合が出てきますね。


大きく分けると二つ。


●内にこもる
●外に爆発する


です。

まず内にこもる、ですが、これは「鬱病」的な状態に
なってしまいます。
破滅的な感情が身体を支配してしまい、無気力状態になって
しまうのですね。

逆に「外に爆発する」とどうなるのか?

よく巷で見かける(苦笑)、
「怒鳴りまくってる人。
なんか知らんけど常にキレてる人」
のようになってしまいます。


さて、会社で働いている方にお伺いいたします。

あなたの職場で怒鳴りまくる上司っていますか?

今度その上司が怒鳴っている時に、
呼吸を観察してみてください。

ポイントは上司の肩の動きを見る事。

小刻みに震えていたら呼吸が浅い証拠です。

また、その上司の普段の姿も観察してみてください。

肩に力が入っていて、両肩が少し山なりに上がっていた
としたら、それは呼吸が浅い場合が多いんです。


ちなみに・・・


もしも、もしもですよ?


その怒鳴りまくりの上司の身体の筋肉の緊張をほぐし、
深い呼吸ができるように指導してあげたとしたら・・・


なんと!!!

もう怒鳴りまくらなくなる可能性があります!!!


嘘だと思いますか?


でも人の身体っておもしろくできてるんですよねこれが。


「筋肉が緊張して、呼吸が浅いから怒る」


んですよ。

そしてなんと驚くべき事に、
逆に緊張がほぐれて呼吸が深くなってくると、

「怒ろうとしても怒れなく」


なります。


温泉に浸かって、ものすごくいい気持ちな時に怒る事って
できませんよね?

また、かわいい赤ちゃんあやしていて、
心が和んでリラクゼーションしている時に、
怒る事ってできませんよね?


これ、外に爆発する場合だけじゃなくて、
内にこもる場合も同じです。


筋肉の緊張がほぐれて、呼吸が深い状態ならば、
鬱になりようがないのです。


殺人光線を放つ炎天下の太陽のもとから、
クーラーの効いた涼しい部屋に入ったらすごく気持ち
いいですよね?


それと同じなのが、
まさにリラックスして呼吸が深い状態なんです。

 

・・・以上、呼吸ってものすごくおもしろくありませんか?

にわかには信じられない話しだとは思うのですが、
西洋物質主義バリバリな学校教育を受けている現代の
日本人には受け入れられなくて無理はありません。

 

・・・さてさて、
実は私がお教えしている「超絶呼吸法」なんですが、
呼吸法のみならず、身体の筋肉をほぐす方法も、
準備体操としてちゃんと網羅しております。

 

「筋肉の緊張をほぐす→深い呼吸をする」


と言う一連の流れはバッチリ押さえまくりです。


その上一回5分で終わり、努力・練習・苦労一切なしに、
ただ単にプログラミングされたロボットのように
機械的にやっていくだけで・・・

 

詳しくはこちらの健康WEB講座を今すぐご受講ください!!

 

そして次号ではなんと、

「筋肉の緊張をほぐすエクササイズのコツ」

をお教えさせてもらいます。

これはまた無料レポートにでもまとめようかなと
思っていた内容なんですが、
先にこのメルマガで公開させていただきますので、乞うご期待ください!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【腹式呼吸メルマガ】第29号:呼吸が深くなると・・・なんと●●なくなってしまいます!!
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ