不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


自覚的疲労感~人によって異なる疲れの度合い~

疲労感・・・

これは「疲れをどれだけ強く感じているか」の指標を表す「感覚」です。

疲労状態と言うのはつまるところ、この疲労感が不快感や辛さを感じるレベルにまで高まってしまっている状態を指します。

さて、ここで一つ「ある事」に気づかれたのではないでしょうか?

「疲労感が不快感や辛さを感じるレベルにまで高まってしまっている状態」って事だけど、この「不快感や辛さを感じるレベル」と言うのは人によって違うんじゃないの?

はい、結論を言いますと、「その通り」となります。

 

■お仕事の種類と疲労感

 

例えば仮に、あなたが販売業や営業職等、「お客様に直接接してコミュニケーションを取れるお仕事」に非常にやりがいを感じる人であるとしましょう。

そういう心持ちであれば、一日中立ちっぱなしで、次から次へと接客して一日が終わっても、心地良い疲労を感じる事でしょうか。間違っても「身体に重しがのし掛かかり、脂汗が出るような不快感」を伴う疲れを感じる事はないはずです。

しかし逆に、「一日中デスクに座ってほとんど人と接する事なくパソコンと睨めっこ」するような仕事が苦手で、それをやらされたとしたらどうでしょうか?

それはそれは尋常じゃない程のストレスがかかり、「身体に重しがのし掛かかり、脂汗が出るような不快感」を感じる事になってしまうでしょう。

 

もちろん、逆もまたで同じで、人と接するのが極めて苦手な人が、接客の仕事をやらされたとしたらどうでしょうか?

これまた深い疲労感に苛まれる事になるでしょう。

 

以上のように、まったく同じ仕事(作業、運動)をしたとしても、その人の捉え方、取り組み方によって、疲労の感じる感覚、度合いは大きく異なってきます。

これを「自覚的疲労感」と言います。

 

 

疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自覚的疲労感~人によって異なる疲れの度合い~
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ