不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


睡眠の持つ細胞修復作用

前回からの続きです。


【睡眠の必要性その3:細胞修復作用と免疫力の強化】


人体を構成する基本要素、

「細胞」・・・

この細胞、残念ながら日中活動を行う度に、損傷していってしまうんです。

活性酸素等の影響で、老化、劣化、していくのです。

これは生物の持つ、宿命とも言える構造上の問題で、すべからく、全生物は「消滅(死)」に向かって日々、突き進んでいっています。

※なお、細胞の劣化速度が遅い生物程、長生きする傾向にあります。

とは言え生物は、細胞が劣化していくのをただ指をくわえて見ているわけではありません。


実は睡眠が、「劣化防止」のための大きな役割を果たすと言う話しはご存知でしょうか?

睡眠中、脳下垂体と言う部位から、「成長ホルモン」と言うホルモン物質が分泌されます。

これは「新生・修復・成長」を司るホルモン物質で、傷ついた細胞、臓器の修復・調整や、お肌の新陳代謝を促し、また免疫力を強化する働きをします。


特に免疫力強化は非常に重要な働きです。

他にも睡眠中には、

プラクチン、 副腎皮質ホルモン、 性腺刺激ホルモン、 甲状腺刺激ホルモン等々、

多種多様なホルモンが分泌され、疲労を取り去り、身体の各種機能の不具合を調整してくれます。

※ありがたい限りですね。


事項に続きます。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 睡眠の持つ細胞修復作用
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ