不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


自殺の原因は「精神的理由、心の問題」となります

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


自殺について

さて、うつ(鬱)病・うつ(鬱)状態が引き起こす
社会的損失の中で、もう一つ、致命的なものがあります。


それが

「自殺」

です。


まず日本の年間の自殺者の数ですが、
平成10年(1998年)に3万人台をついに突破してしまいました・・・


以降、その水準を保ち続けております。


さて、この3万人と言う数字ですが、冷静になって
考えてみていただきたいのですが、
もしも戦争や災害で、毎年日本人が3万人亡くなっていたとしたら
どうでしょう?


これは由々しき事態となり、「国家非常事態宣言」が
発動されてもおかしくないレベルです。


従ってかなりの大問題と言えるわけですが、
では肝心の自殺をしてしまう原因は、
一体何なのでしょうか?

 

 

自殺の原因


下記サイトをご覧ください。

http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/whitepaper/w-2012/html/honpen/tokusyu/toku_3_1.html


2009年~2011年の間での、自殺理由を確認する事ができるのですが、
年代毎に違いがあるものの、

「家庭問題・健康問題・勤務問題」

と言う項目達が大きなウエートを占めております。

どの年代でもこれら三つを合わせると、
50%近くいきますね。


・・・さて、これらの「問題」ですが、一つ共通項があるのが
おわかりですかね?


そうです。

「精神的理由、心の問題」

です。


家庭問題・健康問題・勤務問題から、「心の問題」が
派生してくるわけなのですね。


何の悩みもなく、人生明るく充実して生きている人が、
いきなりおもむろに駅のホームから飛び込む、
なんて事をするわけがありません。


また、「経済問題」も大きなウエートを占めていますが、
これも、


「自身の経済状況が困窮する事によって発生する心の問題」


の要素が関連しているウエートが高い、
と言えるかと思います。


さらに、健康問題を考えた場合、肉体的な疾患による苦痛から
逃れるために、と言う要素もあるかと思いますが、


「肉体的な疾患によって引き起こされる精神的苦痛」


と言う観点から考えれば、モロに「心の問題である」と
言えるでしょう。


となると、自殺するほとんどの方達は、

「精神的理由、心の問題」

が原因である、と言えるのではないでしょうか。

 

続きます。

 


※自殺したい衝動に駆られた場合、まずは落ち着く事が
肝要です。

落ち着くために最適なのは、自分の●●を整える事です。


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自殺の原因は「精神的理由、心の問題」となります
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ