不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


ドーパミン、ノルアドレナリン等の、三大神経伝達物質の分泌量を増やす方法

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンの分泌量を増やす方法


さて、久方ぶりに「神経伝達物質」の話題に戻ります。


軽く復習ですが、そもそも何故ここまで回を割いて
ストレスについてレクチャーさせていただいたかと
言うと、

「ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニン」

の三大神経伝達物質の分泌が不足する一番の原因が、

「強度のストレス」

だからです。


この場合のストレスとは、当然ユーストレスではなく、
ディストレスですね。


だからこそ疲労や不眠、頭痛等の身体的不具合や、
精神的な不調が発生してしまうわけです。

 


・・・では、どうすればこれら三大神経伝達物質の
分泌を増加させる事ができるのでしょうか?

 

下記それぞれ物質毎に、列挙致します。

 

★ドーパミンの分泌量を増やす方法

その1:【「チロシン」を多く含んだ食物を摂取】
⇒チロシンは「アミノ酸」の1つ。
バナナ、アーモンド、アボカド、低脂肪乳製品、
らい豆、ゴマ等に含まれているとの事。

その2:【抗酸化作用を持つ食物を摂取】
⇒抗酸化につきまして、また別の講座で詳しく
ご説明致します。
ベータカロチンやビタミン類を多く含んだ果物や
野菜を摂取してください。

その3:【適度な運動】
⇒運動の効用は近年大変重要視されております。
適度な運動を実施すれば、ドーパミンだけでなく、
ノルアドレナリン、セロトニンの分泌もベストに
調整してくれます。


その4:【睡眠】
⇒考えたり感じたり等の、精神的活動によって、
脳の「大脳皮質」と言う部位で、ドーパミンが消費されます。
そして睡眠中はその消費されたドーパミンを補充する事が
できます。


その5:【興味のある事に没頭】
⇒これは科学的に正確に解明されているわけでは
ありませんが、興味のある事に没頭すれば、
ドーパミンの分泌量が増える傾向にあります。

 

★ノルアドレナリンの分泌量を増やす方法

その1:【「チロシン」を多く含んだ食物を摂取】
⇒上記ドーパミンと同じく、チロシンが摂取がポイントと
なります。
バナナ、アーモンド、アボカド、低脂肪乳製品、
らい豆、ゴマ等に含まれているとの事。


その2:【自らを適度な緊張・興奮状態に置く】
⇒ノルアドレナリンは交感神経を働かせるために必要
となってくる神経伝達物質物質なので、交感神経を
できるだけ働かせる状況に身を置くと、
分泌されやすくなります。
一番いいのは、仕事に真剣に取り組む事です。
真剣に取り組むと、当然ながら緊張状態に身を
置かれますので、多く分泌されます。

ただし、あまりに無理をしすぎると、分泌過多となり、
自律神経失調症やうつ(鬱)の症状が出て来ざるを
得ないので、お気をつけください。

 

・・・今回はドーパミンとノルアドレナリン、
二点の紹介でとどめ、セロトニンにつきましては、
次回ご紹介します。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ドーパミン、ノルアドレナリン等の、三大神経伝達物質の分泌量を増やす方法
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ