不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


ストレスこそまさに「地獄」行きの片道切符だったのです!

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


AさんBさん、「天国」と「地獄」


では「超絶興味深い事例」を!!


結論から言うと、相当「エグく、考えさせられる事例」と
なりますので、心してお読みください。

 

勇飛の友人の友人の話しなのですが、
その方を「Aさん(男性)」とします。

Aさんは大学卒業後、あなたもご存知の、
某大手電子機器メーカーに新卒就職しました。

なかなか厳しい環境だったみたいですが、Aさんにとっては
その環境が非常にマッチしたらしく、社内の人間関係、
仕事内容ともに、毎日やりがいをもって取り組んでいました。

結果、新人賞を受賞する事ができたそうです。


さて、このAさんと同じ課同じチームに、全く同じ日に入社した
「Bさん(男性)」と言う方がいました。

いわゆる「同期」というやつですね。

しかも学歴的にも同等レベルの大学同士だったそうです。


具体的な仕事内容も、AさんBさんとも全く同じと
言っていいほど同じ事をしていたわけですが、
ただ1つ、「大きく違う点」がありました。


それは、


「仕事に対して感じるストレスの種類」


です。


Aさんは上述した通り、忙しいながらもやりがいを
もって仕事していたので、もちろん辛い事もあった
でしょうが、基本は「ユーストレス」なわけです。

しかしBさんはAさんとは全く真逆で、
仕事が相当辛かったらしく、いつも

「辛い。しんどい。もうダメだ・・・」

と、苦虫を噛み潰したような表情で、相当苦しんでいました。


繰り返しますが、具体的な業務内容と、
上司やチームリーダー的な人も、まったく同じです。


AさんはそんなBさんに対して、同期のよしみから、
大いに愚痴を聞いてあげたり励ましたりしたそうですが、
まったく梨のつぶて・・・


特にBさんだけ上司からひどいパワハラターゲットに
なっていたと言うようなわけではなく(むしろ上司は心配していた)、
とにかく仕事内容が合わなかったみたいですね。

 

・・・そして事件は起こりました。

 

ある日の夜、
終点に電車が着きました。


車掌さんが降車確認したところ、一人降りていない乗客が
いたので、声をかけたところ・・・


その乗客は冷たくなっていたそうです。

 

 


そしてその乗客は・・・

 

 

なんと、「Bさん」でした!


医者の話しによると、死因はストレス性の心不全関連の
疾患だったとの事です。

 

 

ストレスの及ぼす大きな影響


・・・このお話し、いかがでしたでしょうか?


まったく同じと言っていいような状況に置かれた
AさんBさんですが、感じ方はそれぞれ180度違っており、
まさに「天国と地獄」状態ですね。


結局Bさんが何故その状況をそこまでストレスに感じて
いたのかわからずじまいだったそうなのですが、
結果的には22,3歳と言う若さでこの世を去って
しまう事になりました。


「やはり自分に向いた仕事をした方がいい」

「こういう人は無理してまでガチガチの企業で働かずに、
例えばNPOや農業などが向いているのではないか」


等々、様々なご意見があるかとは思いますが、
今回は社会問題ではなく、純粋に「ストレス」と言う点で
論じていきたいと思います。


結論から申しますと、ストレスが人体に及ぼす影響は、
極めて「大」と言えますね。


文字通り、「命に関わる影響」を被ってしまう、
と言うわけですね。


※こちらのページにストレスが身体に及ぼす影響が
詳しく書いてありますので、ぜひご一読を。
特に「配偶者の死100点」「離婚73点」「別居65点」
等々、精神的ストレスを点数化した表が非常に参考になりますので、
見てみてください。

http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/heart/pamph95.html

 

 

「ディストレス」を「ユーストレス」に変える方法


さて、上記内容を踏まえまして、果たして「ディストレス」を
「ユーストレス」に変えれるのかに関して、
次回、レクチャー致します。


乞うご期待ください!!

 

 


※誠に残念ながら若くして命を落としてしまわれた
Bさんですが、もしもこちらの方法を実践していれば、
少しはストレスの影響を軽減できていたかもしれません・・・

http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ストレスこそまさに「地獄」行きの片道切符だったのです!
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ