不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


うつ(鬱)によって精神面・肉体面に引き起こされる不具合

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


うつ(鬱)病・うつ(鬱)状態とは?

凄まじいまでの「地獄な状況」にぶっこまれ、脳天グワングワンされる
程のストレスに、恒常的にさらされ続けるとどうなってしまうのか?


何か是が非でも達成したいような崇高な目標があれば、
この地獄のような状況でもめげずに乗り越えていけるかと思います。


しかしながら、そういう特殊な精神状態ではない限りは、
残念ながら「うつ(鬱)病」や「うつ(鬱)状態」に陥ってしまうリスクが
大変高いです。


では、「うつ(鬱)病・うつ(鬱)状態」とは一体全体どんな病気で
どういう状態・症状を指すのか?


一言で言い表すと「心の不具合」となりますが、
具体的は下記のような状態となります。

 

【うつ(鬱)の基本症状】

★精神(感情)面

・憂鬱(ゆううつ)さ

・抑えられない異常なまでの怒りを感じ、
周りに撒き散らしてしまう

・全てが億劫になる無気力さ

・ネガティブな思考堂々巡りしてしまい、
終わりのない絶望感に苛まれる。

・集中力が落ちる

・情緒不安定


⇒基本、無気力感や絶望感に苛まれ、積極的に生きようとする
意欲が乏しくなってしまう、と言う症状が出るのですが、
激しい怒りを感じ、それを外に発散してしまう場合も
あります。

継続的に激しい怒りに苛まれ続けてしまっている、
と言う事であれば、うつ(鬱)病ないしうつ(鬱)状態である、
と疑ってみても良いかと思います。

 

★肉体(健康)面

・何をやるにもすぐに疲れてしまう倦怠感、疲労感。

・不眠(過眠)

・食欲減退(吐き気)

・性欲減退

・頭痛  ・肩こり  ・腰痛  ・胸焼け

・下痢、便秘


⇒肉体面でも様々な不具合が出てきてしまい、
社会生活を送っていくに際して、著しく不具合・支障が
発生してしてしまう場合も多いです。

しかしながら、医者の診察を受けたとしても、
「原因不明」とされ、根本解決はできない、
と言う結論になりがちです。
(これについてはまた後ほど詳述致します)

 

・・・いかがでしょうか?


もしも上記のいずれかの項目が自分に当てはまって
しまうと言う自覚がおありであれば、
うつ(鬱)病・うつ(鬱)状態を疑ってかかった方が
良いかもしれません。


続きます。

 


※身体に起こる不具合は、自律神経の不具合が関連している
場合が圧倒的に多いです。

自律神経の働きを正常に整える行為によって、
正常な状態に回復させる助けとなります。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - うつ(鬱)によって精神面・肉体面に引き起こされる不具合
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ